Gathered!

MTG復帰を夢見るMOプレイヤーの翻訳中心ブログです。

【動画】モダンで黒単「抹消者」コントロール実況!

   

bannerobliterator

MTG Goldfishに、日本のデッキリストが紹介されて実際にプレイする動画が出ました。そのデッキは、黒単コントロール。幅広いデッキに会いに行けるモダンの魅力がまた一つ。デッキ紹介の動画と一緒に、実際に使って配信した動画がアップされています。

例によってデッキ説明部分を翻訳し、サイドボーディングを記録しています。

スポンサーリンク




(動画)

デッキテク

プレイ実況動画

(デッキ解説部分の翻訳)

今回紹介するのは少し前に日本のトーナメントで全勝を決めたHikokubo Shoutaの黒単コントロールデッキだ!Shouta、全勝おめでとう!

このデッキはまずそれぞれのターンに何をしていくかを確認して行った方が一番理解しやすいだろう。このデッキはどちらかと言うとグッドスタッフに近く、特定のコンボを狙うシナジー重視のデッキよりも毎ターン効果的なカードを使う事でアドバンテージで上回る狙いだからだ。

まず最初のターンは固定している。相手の一番嫌なカードや対処できないカードを(《思考囲い》と《コジレックの審問》で)手札から取り除く。これがターン1だ。

ターン2はいくつか選択肢がある。《集団的蛮行》は2マナ域ではあるけど、必ずしも2ターン目に使う必要は無い。《集団的蛮行》は大抵の場合《強迫》もどきとクリーチャーへの-2/-2修正の組み合わせで使われるだろう。手札空カードを落としつつ《闇の腹心》や《秘密を掘り下げる者》を殺すことが出来る。《夜の犠牲》は黒の濃いデッキならモダン環境で最も強力な除去の一つで、対象に取れない相手はほとんどいない。大抵の場合2マナでどんな相手も殺すことが出来る。
パーマネントに移ろう。《搭載歩行機械》は黒ではないが、黒単にとっては一番強力な2マナ域で、少なくとも2回はブロックできる。カウンターを増やして多くのトークンを出すこともあるが、最悪でも《タルモゴイフ》をブロックし、それか《闇の腹心》と相打ちを取ることは出来る。トークンでまたブロックすることもできる。このデッキはゲームを長引かせることで、強力な4マナ域まで繋いでいきたい。《迫撃鞘》はクリーチャーを幅広く殺すこともできるがシナジーがいろいろ多くあり、成長した《搭載歩行機械》に装備させてトークンを作る使い方もマッチアップによってはリーズナブルだ。シナジーについてはデッキの残りを説明する中でも話そう。

CardLilianaLastHopeJ

3マナ域の基本はリリアナだ。3枚の《ヴェールのリリアナ》と1枚の《最後の望み、リリアナ》は妙に見えるかもしれないが、それぞれが違う仕事をするんだ。ほとんどのマッチアップでは《ヴェールのリリアナ》の方が大きなクリーチャーを殺し、手札を縛っていけるから強力だ。一部のマッチアップ、例えば《未練ある魂》や《若き紅蓮術士》でトークンが山のようにいる場合ならプラス能力で除去できる《最後の望み、リリアナ》が勝る。最終的に奥義を決めたり小マイナスでクリーチャーを回収することもあるだろう。

cardgeralfsmessenger

《ゲラルフの伝書使》は黒単であるメリットの一つだ。強力だが、黒のトリプルシンボルというのはかなり制限がきつい。確実に戦場に出た時と不死で戻ってきたときに4点のダメージは約束されている。タップ状態で戦場に出るが《搭載歩行機械》のように2回ブロックも出来るし、ダメージを飛ばすことが意味を持つ状況はある。

このデッキのメインは超強力な4マナ域だ。

cardphyrexianobliterator

土地が全部沼だからこそ唱えられるのが《ファイレクシアの抹消者》だ!抹消者は唱えられさえすれば最強のクリーチャーだ。《流刑への道》や《四肢切断》には弱いが、《稲妻》や《稲妻のらせん》は撃てないし、ブロックすると相手はパーマネントを生け贄に捧げる羽目になるから実質5/5のアンブロッカブルになる。
《深淵の迫害者》はたった4マナで唱えられる6/6飛行で、《ゲトの裏切り者、カリタス》は絆魂でライフを稼ぐ。そしてここにも《迫撃鞘》が絡んでくる。《迫撃鞘》で深淵の迫害者を生け贄に捧げることで、デメリットを解消することが出来るようになるわけだ。

最後に5マナ域は追加のライフゲインとして《殴打頭蓋》がある。これは何度も自分で手札に戻って唱え直せる処理のしにくい5マナ4/4警戒絆魂だ。

マナベースは先ほど言ったように24枚の《沼》だけだ。

サイドボードには特定の相手への対策が積まれている。《虚空の力戦》は墓地を使うデッキ、例えばドレッジだ。《サディストの聖餐》は、例えばコンボデッキのライブラリーから3枚の《原始のタイタン》や《風景の変容》を奪うことが出来る。あまりないだろうがキッカーで唱えたら15枚のカードを抜き取って、相手は何も出来なくなるだろう。

さらに追加の除去がある。《見栄え損ない》は序盤戦に強く、《英雄の破滅》は対プレインズウォーカー用だ。《もぎとり》は全体除去で、《魂の裏切りの夜》は《未練ある魂》を咎める。

これがモダンの黒単コントロールだ!

サンプルレシピ 黒単コントロール

クリーチャー16
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》
2:《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
4:《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》
呪文20
3:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《集団的蛮行/Collective Brutality》
3:《夜の犠牲/Victim of Night》
2:《迫撃鞘/Mortarpod》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
土地24
24:《沼/Swamp》
サイドボード15
3:《見栄え損ない/Disfigure》
2:《英雄の破滅/Hero's Downfall》
2:《サディストの聖餐/Sadistic Sacrament》
4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
2:《もぎとり/Mutilate》
2:《魂の裏切りの夜/Night of Souls' Betrayal》

動画内のサイドボーディング

R1 無色エルドラージトロン

-2 コジレックの審問
-2 迫撃鞘
+2 サディストの聖餐
+2 英雄の破滅

R2 死せる生

-2 迫撃鞘
-3 思考囲い
-1 最後の望み、リリアナ
+4 虚空の力戦
+2 サディストの聖餐

R3 Skred Red

-1 最後の望み、リリアナ
-1 集団的蛮行
-1 迫撃鞘
+2 英雄の破滅
+1 魂の裏切りの夜

R4 グリクシスDelver

+3 見栄え損ない
+2 魂の裏切りの夜
-1 思考囲い
-4 搭載歩行機械

R5 Sun and Moon(赤白プリズン)

-2 夜の犠牲
+2 英雄の破滅

(翻訳終了)

少し前までメガハンデスも使ってましたが、ミッドレンジのような除去と手札破壊で相手を弱らせてからフィニッシャーを突き付けるという動きもまたやってみたいですね。

コメント欄に要望、感想など気軽にどうぞ。

 - デッキ解説, モダン, 未分類, 翻訳記事