Gathered!

MTG復帰を夢見るMOプレイヤーの翻訳中心ブログです。

【駄文】8-Rack(メガハンデス)プレイング・サイドまとめ

   

bannerlilianaoftheveil

今回は自分がモダンに復帰してから少しずつプレイしつつ書き溜めてきた、自分が知りうるメガハンデスの使用感やサイドボーディング、調整を出来るだけ細かく書いていきます。

スポンサーリンク




(はじめに)

この記事は、特に大きな大会の実績もない雑魚プレイヤーが書いた記事です。自己ベストは5回戦からのシングルエリミネーション1没。間違っても、参考にはしても鵜呑みにはしないように気を付けましょう(笑)

このデッキについて

・どんな動き?

このデッキのカードは、順番に3つの役割に分かれています。

役割1 相手の序盤を止めて手札を空にするカード

cardwrenchmind

cardsmallpox

《思考囲い》《コジレックの審問》《精神ねじ切り》《小悪疫》

序盤に引くことでブン回るカードです。《思考囲い》《コジレックの審問》はゲームが進んでから引くと相手の土地を捨てられなくてガッカリすることもありますが、序盤を凌ぐために絶対必要です。環境が速いうちは《思考囲い》は削っていいです。《精神ねじ切り》はこのデッキで一番理不尽なカード。相手が親和でない限り絶大なアドバンテージになります。《小悪疫》はハマったら強いですが状況によっては自分だけが事故るケースもあります。それでもトロンや一部クリーチャーデッキに対抗するカードになります。

役割2 手札が空の状態を維持するカード

cardlilianaoftheveil

cardravenscrime

《ヴェールのリリアナ》《カラスの罪》

《ヴェールのリリアナ》は超必須級のカードです。除去として使え、相手の手札を《金切り声の苦悶》の範囲内に止め続け、《突然の衰微》《仕組まれた爆薬》から《拷問台》を守る避雷針になる場合もあります。
《カラスの罪》は一見弱そうですが絶対に削れないカードです。相手の手札を空にした後《拷問台》や《金切り声の苦悶》の誘発を維持するために、複数回手札破壊をし続ける必要があります。《ヴェールのリリアナ》だけでは破壊されてしまう可能性があるので足りません。

役割3 フィニッシャー

cardtherack

cardshriekingaffliction

cardlingeringsouls

《拷問台》《金切り声の苦悶》《未練ある魂》《変わり谷》

手札が空になった相手を攻めるダメージ源です。自分は《未練ある魂》だけのために白をタッチする事を選びました。相手の《仕組まれた爆薬》をケアするため、マナ域や対処の仕方が違う脅威が必要になります。相手の手札を潰した後勝ち切りやすくなりました。

この3つの役割のカードをこの順番と流れでスムーズに引くことが出来ればブン回ります。相手の手札をいかに空に保つかがポイントです。

・主なサイドボードのカード

《安らかなる眠り》
相手がドレッジであれば入れますが、それ以外のデッキに使う事はありません。自分の《カラスの罪》を回顧出来なくなる方がリスクになります。

《涙の雨》
トロンが大幅に不利な割によく当たるマッチアップですので、勝率を上げるために今は4枚入れています。なお資産に余裕がある人は《大爆発の魔道士》を推奨します。

《罠の橋》
クリーチャーで殴る全てのデッキに勝てる秘密兵器。お互い手札が無くなった状態からこちらは《拷問台》などで一方的に倒します。ゲームプランに直結せず腐る相手もいるので自分はサイドに入れています。

《無駄省き》
対コントロールやフェアデッキに対して消耗戦を乗り切るための軽いエンジンとして使います。

メタゲーム上の相性

このデッキはアーキタイプとしては「フェアデッキとアンフェアデッキの中間」という感じになります。基本的に遅い青系コントロールと、Super Crazy Zooなど少数のクリーチャーを強化するタイプのデッキに対して有利、ジャンドなどのミッドレンジに対して互角か微有利程度の感触です。

不利な相手は親和、バーン、ドレッジ、マーフォークなどの高速で横に並んで殴って来るデッキ全般。

そして一番苦手なのがトロンです。何より《ワームとぐろエンジン》で回復しながら殴られると除去も利きづらい上にゲームプランが崩壊します。カーンやウギンもこちらの《拷問台》などを実質永久に触ってきますので、通った瞬間負けが確定します。唱える前に捨てさせても《古きものの活性》などですぐ引いてこれるのも厳しいです。

最近は環境の早さからか《仕組まれた爆薬》がサイド後に大氾濫して、遅いデッキ相手にブン回ってもトップから逆転負けすることが増えて来ました。
このあたりを意識して、自分が出る大会の環境に苦手なデッキが少ないとメタを読んだら試してみてください。

サンプルレシピ1 白黒8-Rack

クリーチャー0
呪文37

4拷問台
4金切り声の苦悶
4カラスの罪
4コジレックの審問
3思考囲い
4小悪疫
4精神ねじ切り
4ヴェールのリリアナ
4未練ある魂
1夜の犠牲
1残忍な切断
土地23
4変わり谷
4湿地の干潟
4秘密の中庭
2神なき祭殿
2ヨーグモスの墳墓、アーボーグ
7沼
サイドボード15
4罠の橋
4涙の雨
2夜の犠牲
1見栄え損ない
2安らかなる眠り
2無駄省き

ここから先は白黒のレシピを基準に書きますが、単色の方が好み、またはお手頃という方もいると思いますので、調整途中に使っていた黒単のレシピも残しておきます。

サンプルレシピ2 黒単8-Rack

クリーチャー0
呪文36

4拷問台
4金切り声の苦悶
4カラスの罪
4コジレックの審問
3思考囲い
4小悪疫
4精神ねじ切り
4ヴェールのリリアナ
1胆汁病
2夜の犠牲
1残忍な切断
1英雄の破滅
土地24
4変わり谷
2ヨーグモスの墳墓、アーボーグ
18沼
サイドボード15
2魂の裏切りの夜
4涙の雨
2死の印
3罠の橋
2墓掘りの檻
2無駄省き

デッキのアドバイス

・キープ基準

上手く説明し辛いので、例としていくつかのハンドを妄想(?)して解説していきます。基本的にはマリガンはしない方向に意識を持っておきます。

(ハンド1)
《拷問台》
《思考囲い》
《精神ねじ切り》
《ヴェールのリリアナ》
《変わり谷》
《秘密の中庭》
《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

このデッキで考えられる100点満点の理想的なハンドです。《思考囲い》or《コジレックの審問》、《精神ねじ切り》で手札を削り《ヴェールのリリアナ》で漏れたクリーチャーに対処したりさらに手札を縛るのが最高のブン回りです。

(ハンド2)
《拷問台》
《カラスの罪》
《沼》
《沼》
《沼》
《沼》
《沼》

一見事故に見えますが、《カラスの罪》を連打するというプランが取れますのでキープ可能です。

(ハンド3)
《金切り声の苦悶》
《カラスの罪》
《コジレックの審問》
《思考囲い》
《夜の犠牲》
《ヴェールのリリアナ》
《湿地の干潟》

マナフラッドは他のデッキよりもフォロー出来ますが土地1枚は許容範囲ではありません。マリガンします。

(ハンド4)
《拷問台》
《思考囲い》
《カラスの罪》
《小悪疫》
《ヴェールのリリアナ》
《沼》
《湿地の干潟》

少しマナスクリューのリスクはありますが、土地2枚はギリギリ許容範囲でキープできます。最低3枚土地が並べば十分なデッキです。ただ、《小悪疫》は唱えずに《ヴェールのリリアナ》で捨てるか、こちらが十分な土地を引くまで待ってから相手のクリーチャーに合わせて唱えた方が良いです。

(ハンド5)
《カラスの罪》
《夜の犠牲》
《ヴェールのリリアナ》
《拷問台》
《未練ある魂》
《沼》

マリガン後です。1マナ域が弱いですしマナスクリュー待ったなしですが、手札5枚になったら相手もダブルマリガンしない限り負け確なのでキープします。

・タルモだけは見たら最優先で消せ

相手はジャンドかアブザンで、あなたは1ターン目に《コジレックの審問》か《思考囲い》をプレイしました。相手の手札には、こちらの《拷問台》を破壊する《突然の衰微》や場に出たら厄介そうな《ヴェールのリリアナ》が入っています。何を捨てさせるべきか?

それらを見たとしても最優先で《タルモゴイフ》を落としましょう。置物はまた引くことが出来ます。リリアナは相手にとってはむしろ自分の首を絞めかねず、こちらの《拷問台》や《未練ある魂》で倒す余地があります。《漁る軟泥》や《残忍な剥ぎ取り》も即効性はまだ低いです。しかし《タルモゴイフ》だけは別格です。一番の負けパターンがタルモゴイフを通してしまいサイズとダメージレース負けることです。

・《カラスの罪》は絶対に減らさない

サイドボーディングや調整の過程で、キープ基準としてもカードパワーも微妙な《カラスの罪》をつい抜きたくなってしまいます。しかし、これが無いと「相手の手札が1枚以下」という状態をキープし続けるのが非常に困難になります。余った土地を手札破壊に変えられるカードが無ければマナフラッドが即死に繋がります。減らしても3枚は必ず残しましょう。

・マッチアップによっては後手を取る

このアーキタイプで結果を出したTom Ross氏は後手を取れというアドバイスをしていますが、自分で試した結果、「アグロデッキ、アンフェアデッキやトロンには普通に先手を取る」ほうが無難です。コントロールやミッドレンジ相手なら後手を選ぶ方がベターでしょう。

・中途半端にクリーチャーを入れない

相手の除去が腐ることもこのデッキの強みです。入れる場合はサイド後のみ。それでも相手が少数は残した《流刑への道》などですぐに消えてしまう可能性が高いです。

サイドボーディング例

ある程度対戦して考えがまとまっているものだけを書いています。ドレッジなどメタゲームに存在するけど実際に対戦していないデッキもありますので、気になる相手のサイドが無い場合はご了承ください。

対マーフォーク・親和
-3思考囲い -4精神ねじ切り
+4罠の橋 +2夜の犠牲 +1見栄え損ない

理想は手札を使い切ってから《罠の橋》を叩き付ける事。それでもある程度妨害を挟まないとすぐ轢き殺されてしまうので、とにかく全力で相手のクリーチャーに触り続けましょう。

対バントエルドラージ
-2コジレックの審問 -4小悪疫
+4罠の橋 +2夜の犠牲

マナクリが並びやすく布告が弱いのでまず《小悪疫》を削ります。その次に、一番落としたい《難題の予見者》と《現実を砕くもの》を落とせない《コジレックの審問》をサイドアウト。あとは《罠の橋》を引くように祈るゲーム。

対トロン
-4精神ねじ切り -1夜の犠牲 -1残忍な切断 -2コジレックの審問
+2無駄省き +4涙の雨 +2罠の橋

メインは無理ゲー。サイド後は《ワームとぐろエンジン》に殴られない事、プレインズウォーカーを唱えさせない事が全てです。土地を攻めるために《小悪疫》と《涙の雨》を優先してキープし、最低でも初手と序盤の間に2枚引くことを祈りましょう。なお持っている人は《大爆発の魔道士》を《涙の雨》の代わりに推奨。

対ヴァラクート系デッキ
-1夜の犠牲 -1残忍な切断 -4コジレックの審問
+2無駄省き +4涙の雨

トロンと同じランデスプランですが、《原始のタイタン》《風景の変容》などの高マナ域を落とせないので《コジレックの審問》を真っ先に削っています。

対ジャンド
-4小悪疫
+2無駄省き +2夜の犠牲(罠の橋?)

地元のトップメタ。現状、これだという自信のあるプランはありませんが、今のところメインの動きを崩しすぎない方が勝っています。長期戦かつ消耗戦になりやすいので、アドバンテージ勝負を挑む《無駄省き》と、《タルモゴイフ》《残忍な剥ぎ取り》を殺すための除去を追加。抜くカードで迷っていますが、とりあえず引くタイミングで効果にムラがある《小悪疫》をカット。

対アブザンミッドレンジ、マルドゥナヒリ
-4小悪疫
+2無駄省き +2罠の橋

ジャンドとほぼ同じです。相手側に《未練ある魂》があるので迷わず《小悪疫》を抜きます。黒単の場合は《無駄省き》と《魂の裏切りの夜》を入れます。

対ジェスカイコントロール
-2小悪疫
+2無駄省き

さほど頻繁に当たる事はありませんが、デッキ構造の相性差で十分勝てます。

ヴェリアナが高いです!

分かります。自分も旧『イニストラード』がスタンダードで使えた時にこれと《変わり谷》を普通に買ってなかったら、絶対このデッキは組んでいませんでした。

いくつか代替になる安いカードを集めてみましたので、カードの役割を意識して上手く調整してみてください。

《遁走の王笏》《屍気の霧》
相手の手札が空になった後の継続した手札破壊を維持するパーツです。

《地下世界の人脈》《血の署名》
他のカードを引くことでデッキを回しアドバンテージを稼ぐカードです。ただデッキ全体の速度は遅くなります。

《リリアナの死霊》《マラキールの門番》《鼠の短牙》《精神病棟の訪問者》《髑髏の占い師》
クリーチャーを入れる場合は、余った除去で簡単に落とされてしまうのでフィニッシャーというよりはサポート要員として運用出来るものがベターです。

《罠の橋》
メタが合うならメイン投入も充分選択肢になります。これはこれで高いですがリリアナよりはだいぶマシ。

《思考囲い》《コジレックの審問》が高いです!

マナカーブを考えるうえで外せないですが、1マナハンデスでこういうカードもあります。

《葬送の魔除け》
1マナハンデス、+2/-1修正、沼渡り付与から選択。総合力が微妙だったので調整しているうちに外していきましたが、パワー修正や沼渡りと《変わり谷》のコンボが刺さる場面もあります。

《脅迫状》
相手の手札が3枚以下に減っていればライフロスの無い《思考囲い》になります。

《変わり谷》が高いです!

《ちらつき蛾の生息地》がほぼ同じ役割が出来て、1枚500円強とそれなりに安いパーツになっています。それ以外のミシュランは最序盤のタップインのリスクが高いのでお勧め出来ません。

《ダクムーアの回収場》はタップインが痛いですが、《小悪疫》と組み合わせることでリカバリーしやすくしたり、《カラスの罪》をいつでも回顧で撃てる状態に出来ます。

(最後に)

管理人は目標としていた11/20のMonthly Modern Masters初参加を一区切りとして、『霊気紛争』発売までは一度挫折した黒系のフェアデッキやコントロールをもう一度模索しようと思っています。もし何らかの禁止が起こり環境が遅くなったら、8-Rackは有利な立ち位置に回れると思います。

 - デッキ解説, モダン