Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

【翻訳】プロのサイドボーディング術に学ぶ7つのカギ(後編)

      2016/12/29

bannermemnite

前半部分はこちらになります。

(原文はこちら)
7 Keys To Sideboarding Like a Pro by Paulo Vitor Damo Da Rosa

(翻訳)

★4.リミテッドでもサイドボードを忘れるな。

サイドボーディングは構築のキーパーツだが、リミテッドでも重要だ。多くの場合君のデッキには出来ることがあるが、君は見向きもしない。僕の場合は、無理やりにでもやるようにしている、スリーブを変えるのが面倒で嫌なんだ。

リミテッドでのサイドボーディングは2つのやり方で起こる。1枚のカードで回答できる対象が相手のデッキにある場合(例えば《帰化》だ。)、またはマナカーブを変えないといけない時だ。《帰化》のようなカードは大抵の場合、質よりも量を意識する。相手が1枚のボムだけでそれ以外の対象が無い時よりも、相手がたくさんの対象を持っている時の方が《帰化》を入れることが多い。理想的なシナリオは、相手がボムの他にも、それを引かなかった時に対象に出来るカードがある場合だ。

cardcuriovendor

2番目は多くの人がやらないが、必要な事だ。僕は弱い2マナ域と6マナ域をサイドボード向けにピックしておくのを好む。そうしておくことで、デッキを微妙に早くしたり遅くしたり出来るんだ。もし自分が遅いデッキで相手のアグロデッキの圧力が厳しいなら、《珍品売り》を入れよう。確かに強いカードではないが、相手の2マナ域と交換するし、大事なのはゲームを長引かせたら勝てる事だから、悪いカードでも序盤向けに使っう余裕があるんだ。もし自分も相手も遅いデッキなら、《僧帽地帯をうろつくもの》をサイドインしよう。ゲームが長引く可能性が高いから、マナカーブよりも強いカードを引けるかどうかで勝負が決まる。

スポンサーリンク

リミテッドで、特にシールドでもう一つ気にしておくべき事は、ゲーム2で色を変える事、または色をタッチすることだ。想像してみよう、君はシールドデッキで3枚の《破滅の刃》を持っていて、相手はほとんど黒単だった。大抵の人はここで《破滅の刃》をサイドアウトするが、本当にわずかな人は色そのものを変えてしまう事もあり、君はそれを検討するべきだ。結局《破滅の刃》こそが黒の強いドローで、それが効果が無いなら別の色の組み合わせの方が良い可能性もある。そこまで極端になる必要もない。もし君が序盤向けの除去を理由に色を選んで、相手が遅いデッキだったら、相手の脅威により良く対処できる色に変えることも考えたい(例えば、君の2枚の《短命》を2枚の《誤動作》に変えるために)。

★5.サイドボードを変えすぎるな。

相手のデッキに対して何をサイドインするかを決めるのは簡単だが、何をサイドアウトするか決めるのはずっと難しく、サイドインしたいカードが8枚くらいあっても、3枚しか抜きたいカードが無いということがよくある。その時点で、2つの事を自分自身に聞いてみよう。

cardmemnite

1つ目だが、サイドボーディングで自分のデッキを「薄く」しすぎていないか?そのカードは理由があってデッキに入れているはずで、一定の脅威と回答のバランス、準備のカードとリターンを得るカードのバランスを取らないといけない。Bogles(呪禁オーラ)で「オーラを何枚かカットしよう、いっぱい入ってるし」と考えたり、親和を見て「《メムナイト》か他の強くないアーティファクトを減らそう」と考えるのは簡単だ。しかし、そのカードはデッキを回すための一部分なのだ、そして何かを足すためにそれを削ったら、単純に君のデッキを弱くしているだけになるかもしれない。

2つ目に、サイドボードから得られるものが少なくなってないか?時にはサイドボードから改良しても、枠を使う程の価値が無い場合もある。《否認》のようなカードは相手が呪文中心なら《マナ漏出》よりも強い、しかしもし君のサイドボードプランが《マナ漏出》を《否認》に変える形を含んでいるなら、その枠は別のマッチアップに回した方が良さそうだ。《マナ漏出》から《否認》に変えることで得られる強化が少ないからだ。もし除去を減らして除去を入れている、または2マナ域を減らして別の同じような2マナ域を入れているなら、それはサイドボーディングを見直すべきサインだ

★6.土地の枚数は変更できる。

cardskysovereign

大抵の人は、土地は絶対に抜くことが出来ない聖域だと思っている・・・土地をカットするのは素人のやる事だと思っているかもしれない・・・しかし極端にマナカーブを下げる時やマッチアップがスピード勝負じゃない場合、特に自分が後手の時は意味がある。一般的にマジックのデッキは必要な枚数よりも多めに土地を入れている場合が多い、それは序盤で土地を置けないのが致命的だからだ。しかし、もしゲームが消耗戦で回答が脅威よりも軽いと分かっているシナリオなら、土地を1枚、もしかしたら2枚減らしてマナフラッドを回避することも考えられる。もし君の赤白デッキが2枚の《領事の旗艦、スカイソブリン》と3枚の《高速警備車》を運用するために24枚の土地をプレイしていて、何らかの理由でその5枚を全部サイドアウトすることになったら、そこまで土地は必要なくなるから減らさない理由はない。

★7.サイドボードを入れ替える枚数を隠せ。

これは細かい状況にはなるが、自分がサイドボードを入れ替える枚数を相手にわからなくするのは良い事だ。リミテッドでは、よくサイドボードに基本土地を入れておいて、《森》2枚と《森》2枚を入れ替える。もし自分が何もしていなければ、相手は自分のゲーム1のデッキがそのままゲーム2も同じで新しいカードが何も来ないと分かってしまうからだ。もし自分が1枚のカードをサイドアウトするのを見ていたら、相手は何かをサイドアウトすると思ってケアしなくなり、または《帰化》のようなカードをサイドインしたと思ってケアするかもしれない。

構築では単にサイドボードが相手に見えやすくなければ十分だ。カードを1枚ずつ置いては駄目だ。全部デッキに入れてからカードを抜いていくんだ。それかサイドボードを全部デッキに混ぜ込んでから15枚抜くのもありだけど、時間を取られるしデッキの悪いカードを忘れてしまう危険もあるから、アグレッシブサイドボーディングがある時だけにしておくことを勧めるよ。

今日はここまでだ!次の記事では、マジックのマクロなアーキタイプとそれぞれの包括的なサイドボードプランを解説しよう。

(翻訳終了)

トップメニューの「初心者オススメ」カテゴリーでは、デッキや環境から独立したMTGの技術に関するオススメ記事を翻訳しています(恒例の宣伝)。

 - 初心者オススメ, 攻略記事, 翻訳記事