Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

【思い出のデッキ達】《骨の鋸》入りサイボーグ(Pauper)

   

BONESAW先日4-1を達成たデッキを紹介します。

内容は
ジェスカイキティ×○×
緑単○×○
青単×○○
緑単○○(一本は相手土地1枚でストップ)
青赤トロン○○

凄まじくしょぼいけど、自分の中で4-1でも出来た記憶が全く無い。
プレイングミスもあるし、逆に相手の大事故もある。それでも、基本的な操作ミスすら多くて全く勝てなかった自分のスキルでこの結果が一度でも出るのがまず強いと確信できるので、ちょっとデッキを紹介してみます。

オリジナルは仲間内のカジュアルでリアルコモン構築をやっていた頃にボロ勝ちした思い出のデッキ。
もしPauper勢がいたら、誰かこのデッキを調整してみてください。

サンプルレシピ

土地 計18枚
9平地
1ダークスティールの城塞
4古の居住地
4囁きの大霊堂

クリーチャー 計30枚
4献身的な補充兵
4宮廷のホムンクルス
4きらめく鷹
3スレイベンの検査官
4大霊堂のスカージ
4オーリオックの太陽追い
3コーの空漁師
4金属ガエル

呪文 計12枚

3皮剥ぎの鞘
4骨の鋸
2未達への旅
3チス=ゴリアの歯

サイドボード 計15 枚

2塵は塵に
2未達への旅
2痕跡消し
4孤独な宣教師
1赤の防御円
1法と優雅の仮面
2宿命の旅人
1太陽の槍

主要カード紹介

《献身的な補充兵》《きらめく鷹》《宮廷のホムンクルス》《金属ガエル》
これらの1マナ2/2以上の存在を最初の2ターンで大量に並べることを目指します。

《骨の鋸》
このデッキの速度を最も高めるカードです。0マナで出せるので、金属術を最速で達成し、テンポロスを気にすることなく《きらめく鷹》と《コーの空漁師》を運用できるのが《骨絶ちの矛槍》に勝る点。
このカードを筆者はアプローチとして推しています。

理想的なドローをすると、
ターン1
《古の居住地》をプレイ。
《献身的な補充兵》を唱える。
《骨の鋸》を唱える。
ターン2
《平地》をプレイ。
《宮廷のホムンクルス》を唱える。
《きらめく鷹》を唱える。《骨の鋸》を手札に戻す。
《骨の鋸》を唱える。
金属術で3/3になっている《献身的な補充兵》で攻撃。

いかがでしょうか?
最初の2ターンで手札7枚をプレイして、3/3、2/2、2/2飛行が並んでいます。

主要サイドボード紹介

《宿命の旅人》
布告を避けるために。
《法と優雅の仮面》
除去を火力や黒に頼るコントロールデッキに対して、通ったら勝てるカード。2マナ域の空漁師や太陽追いに付いたらあとはひたすらそれを強化していけば、除去不可能なクロックに化けて勝てます。
《痕跡消し》
どうしても《ぬめるボーグル》系のデッキが嫌なら。

・デッキ相性
このアーキタイプの良さは、青単と緑単に対して、有利が付くこと。緑単には確実に有利。青単は、《尖塔のゴーレム》を対処できるかにかかっています。それでもプレイング次第で互角を超える相性になるのは間違いありません。
赤単のバーンに対しても速度負けしてません。《大霊堂のスカージ》に《稲妻》を撃たせ、《ケルドの匪賊》にクリーチャーを1体交換するだけで勝率が大幅に上がります。

相性が悪いのは《ファングレンの匪賊》を持つウルザトロン、それに黒単やカルドーサ各種などの除去とカードアドバンテージが強いコントロールやミッドレンジ全般です。これらのデッキが少ないメタの時に使おう。

現在確信できる範囲内のサイドボード

対青単

OUT
4大霊堂のスカージ
IN
2太陽の槍
2未達への旅

相手の1/1を突破できないスカージをサイドアウトし、除去を入れます。

対緑単

OUT
3チス=ゴリアの歯
1スレイベンの検査官
IN
2太陽の槍
2未達への旅

このマッチアップはテンポ勝負になります。

対バーン

OUT
3コーの空漁師
2未達への旅
IN
3孤独な宣教師
1赤の防御円
1法と優雅の仮面

サイド後に2マナ域がダブつくので、打点のわりに少し重い空漁師を削ります。

対青黒コントロール

OUT
2未達への旅
1チス=ゴリアの歯
IN
2宿命の旅人
1法と優雅の仮面

立ち上がりの遅さを突いた爆発力勝負です。速度を維持しつつクリーチャーを切らさない調整を。

 - Pauper, デッキ解説