Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

【翻訳】モダンのマルドゥナヒリ解説動画(CFBより)

   

BannerNahiri

アーキタイプが個人的に気になったので保存用。ハンデス、除去、未練ある魂、リリアナとナヒリで戦う白黒赤コントロールデッキです。ジャンドやアブザンを使いたいけどタルモが高い、コントロールや丸いデッキ、ナヒリさんが使いたいけど青はちょっと難しいし土地も高い・・・そんな資産状況ならモダン入口として良いデッキになると思います。

Channel Mengucci Modern Mardu by Andrea Mengucci

スポンサーリンク




(動画)

★サンプルレシピ

クリーチャー5枚
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4:《前兆の壁/Wall of Omens》
呪文31枚
4:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
2:《戦慄掘り/Dreadbore》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2:《流刑への道/Path to Exile》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
2:《夜の囁き/Night's Whisper》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
土地24枚
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《幽霊街/Ghost Quarter》
2:《神無き祭殿/Godless Shrine》
2:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《湿地の干潟/Marsh Flats》
1:《沼/Swamp》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》

サイドボード15枚
2:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
1:《苦い真理/Painful Truths》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1:《魂の裏切りの夜/Night of Souls' Betrayal》
2:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1:《強迫/Duress》

★解説

このデッキはマルドゥ、つまり白・黒・赤を使うデッキだ。
《先駆ける者、ナヒリ》は素晴らしいカードで人気になったけど今回は青の代わりに黒を使っている。青はカウンターと《瞬唱の魔道士》を供給する。どちらも重要な存在だ。代わりに黒は《思考囲い》がある。多くの場合、こちらから対象を選べる分カウンターよりも良い。そしてフォーマットで最強クラスのカード、《ヴェールのリリアナ》がある。そしてナヒリはおそらく2番目だ。今から俺たちはその両方を使うんだ。

《夜の囁き》はカードアドバンテージ源だ。《引き裂かれし永劫、エムラクール》を使っているから《闇の腹心》は入れられない。
《前兆の壁》はモダンでよく使われるが、ボードをコントロールするデッキでは強力なカードだ。ナヒリを守るし、キャントリップでもある。《未練ある魂》はナヒリを守るだけでなく、ゲーム終盤にカードアドバンテージを補充する。

《引き裂かれし永劫、エムラクール》が手札に来ても、リリアナとナヒリで捨てることが出来る。墓地がライブラリーにシャッフルされるので《未練ある魂》とだけは噛み合わない。エムラクールを捨てる前にフラッシュバックしてしまおう。

《復讐のアジャニ》はあまり見かけないデッキだが、参考にしたレシピには入っていた。
《魂の裏切りの夜》は多くのデッキで刺さる。これから回す中で活躍するか見てみよう。
《苦い心理》は遅いデッキ用だ。
《神々の憤怒》はたくさんのクリーチャーが入ったデッキに効果がある。
《大祖始の遺産》《虚無の呪文爆弾》はドレッジだけでなく《瞬唱の魔道士》デッキにも使える。

R1:対ティムールDelver
メイン
《稲妻》《稲妻》《戦慄掘り》《未練ある魂》
《山》《黒割れの崖》×2

OUT
2夜の囁き
IN
2渋面の溶岩術士

サイド1
《思考囲い》《思考囲い》《前兆の壁》
《平地》《黒割れの崖》《湿地の干潟》《血の墓所》

OUT
2夜の囁き
1未練ある魂
1先駆ける者、ナヒリ
IN
2渋面の溶岩術士
2神々の憤怒

サイド2
《未練ある魂》《戦慄掘り》《先駆ける者、ナヒリ》《コジレックの審問》《流刑への道》
《幽霊街》《湿地の干潟》

R2:対《風景の変容》

メイン(録画ミスのためキープ不明)
OUT
4前兆の壁
IN
2塵への崩壊
1強迫
1復讐のアジャニ
サイド1
《稲妻》《復讐のアジャニ》《流刑への道》
《黒割れの崖》×2《血染めのぬかるみ》×2

R3:対赤緑《炎樹族の使者》
メイン
《戦慄掘り》《夜の囁き》
《黒割れの崖》《乱脈な気孔》《湿地の干潟》《血染めのぬかるみ》×2
OUT
1先駆ける者、ナヒリ
2夜の囁き
2思考囲い
IN
2神々の憤怒
1復讐のアジャニ
2渋面の溶岩使い
サイド1
《ヴェールのリリアナ》《稲妻》《コジレックの審問》《未練ある魂》
《平地》《黒割れの崖》《幽霊街》
サイド2
《ヴェールのリリアナ》×2《先駆ける者、ナヒリ》《前兆の壁》
《黒割れの崖》×2《神なき祭殿》

R4:《むかつき》
メイン
《稲妻のらせん》《稲妻》《未練ある魂》《引き裂かれし永劫、エムラクール》
《沼》《血染めのぬかるみ》《血の墓所》
OUT
2流刑への道
2戦慄掘り
3前兆の壁
IN
1強迫
2石のような静寂
2塵への崩壊
1大祖始の遺産
2虚無の呪文爆弾
サイド1
《虚無の呪文爆弾》《コジレックの審問》《夜の囁き》《未練ある魂》
《神なき祭殿》《血染めのぬかるみ》
(黒割れの崖をボトムへ)
サイド2
《思考囲い》《コジレックの審問》《未練ある魂》
《湿地の干潟》《幽霊街》×2
(《夜の囁き》をトップへ)

R5:対ナヤバーン
メイン
《稲妻》《コジレックの審問》×2《先駆ける者、ナヒリ》《前兆の壁》
《幽霊街》《血染めのぬかるみ》
OUT
2夜の囁き
2思考囲い
IN
1強迫
1復讐のアジャニ
2渋面の溶岩使い
サイド1
《コジレックの審問》《ヴェールのリリアナ》《稲妻のらせん》
《幽霊街》《黒割れの崖》《山》《神なき祭殿》

あまりこのデッキは好きではなかった。
アグロ相手にもコンボデッキ相手にも脆い所がある。
前兆の壁はあまり良くないカードだ。特に《タルモゴイフ》などにチャンプブロックするしか無かった。

(翻訳終了)

現状ジャンドやアブザンよりは一歩存在感が薄い所もありますが、まだまだ強化する余地があると思います。何より思考囲い、リリアナ、未練などをスタンで集めていた自分にとってタルモ揃えるより安そう(笑)

関連

 - モダン , ,