Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

【デッキ案】異界月からスタンダードに途中参戦するために

   

BannerLilianaThelastHope

異界月が発売されますが、この時期にマジックを始めたり復帰する場合、どうしても「タルキール龍紀伝」や「マジックオリジン」のカードを買うと使える時間が短くなり、買い辛くなります。しかしわざわざ弱いデッキを組んで負けても意味は無い。少しでもいいデッキを組みたい。そんな感じで悶々となっちゃうことがあります。というか自分が結構悩みました。これはどちらかと言うと、自分が復帰する時のための考えをまとめた覚え書きに近いです。

大事なことは、「次に落ちるセットのカードを極力使わない」こと。これが自然と絶対条件になると思います。単純な低予算だと古いカードを買わなければ流石にやっていけません。

スポンサーリンク




デッキの組み方

ステップ1:マナ基盤を確認する
まずは「落ちないセット」で使える特殊地形は何があるかを確認します。「戦乱のゼンディカー」ブロック、「イニストラードを覆う影」ブロックに絞ると、白青の《大草原の川》《港町》といった友好色の地形はありますが、緑青などの対抗色地形は「戦乱のゼンディカーブロック」のミシュランしか無いので若干組み辛いかもしれません。ただ、マジックオリジンにある《ヤヴィマヤの沿岸》などは何度も再録されたカードなので、値段はムチャクチャ安いです。ネットなどを見る限り100~200円程度で買えます。

CardHereticCathar

ついでに《異端聖戦士、サリア》が流行れば《進化する未開地》や特殊地形そのものが非常に使い辛くなるので、結論としてはギリギリまで特殊地形を抑え、2色で組むアイデアを常に準備しておくべきです。こういう事は本来、スタンダードではそこまで無いのですが…

あ、単色は何をやっても白単人間の劣化にしかならないんで諦めました(笑)

ステップ2:コンセプトを決める
次に最低限、何らかのコンセプトを決めてシナジーを意識しましょう。「強いカードを集めました」というタイプのグッドスタッフは、カードプールに制限をかけているこの手の構築では不可能です。普通のビートダウン、コントロール、ミッドレンジというテーマでも不十分。まずありそうな考え方として:
・部族。人間、狼男、吸血鬼、ゾンビ、スピリット。
・キーワード。昂揚、収斂、現出、瞬速など
・特定のカードを主人公にする。
こんな感じの切り口をいつもより強く強く意識してデッキを組みます。
ただし、特定のブロックに依存しすぎるテーマはカードの選択肢が狭まり厳しくなります。例えば「同盟者」は「戦乱のゼンディカー」と「ゲートウォッチの誓い」にしか存在しないので限界もすぐ来るでしょう。「ゾンビ」「吸血鬼」なども同様です。筆者は大成しないと見ています。逆に人間はいろいろなセットに入るからこそ今の環境で強いです。「昂揚」も墓地を肥やすカードや相性の良い呪文などは「イニストラードを覆う影」に限りませんからチャンスが大きくなります。

ステップ3:カードを検索する
ここを利用します。
http://whisper.wisdom-guild.net/
好きな色、組み合わせ、カードタイプ、クリーチャータイプ、カードセットまで自由に選んで検索できます。「戦乱のゼンディカー」~「異界月」までの赤か黒のカードだけで検索、ということが普通に出来ます。これを利用して先ほど決めたテーマと相性が良さそうなカードをひたすら探します。

あとはデッキを組んで、調整するだけです!

★デッキ案

ここでは思いつくだけ並べてみました。実際にテストできずあまり調整もしていないので、参考程度にどうぞ。すべて条件として、「タルキール龍紀伝とマジックオリジンのレア・神話レア禁止」としています。
その代わり「戦乱のゼンディカー」以降の神話レアはどっさり入れた準低予算デッキです。

★赤黒コントロール

クリーチャー9枚
4ゴブリンの闇住まい
3騒乱の歓楽者
2ゲトの裏切り者、カリタス

呪文24枚
2精神背信
3焦熱の衝動
4闇の掌握
4誘惑に負けて
2焼夷流
4破滅の道
2灯の再覚醒、オブ・ニクシリス
2炎呼び、チャンドラ
1最後の望み、リリアナ

土地25枚
4凶兆の廃墟
4燻る湿地
2燃えがらのやせ地
8沼
7山

CardReveler

異界月で一番気に入ったのは《騒乱の歓楽者》、ということでこのデビルを主人公にしたデッキです。全力で相手のクリーチャーを除去し、アドバンテージを細かく取りながら殴ります。ドローは序盤をインスタントで動きやすいようにお試し枠で《誘惑に負けて》を使っていますが、《骨読み》が安定かも?
相手が白黒コントロールだったら死ぬけど気にするな!出来ればサイドにマジック・オリジンの《無限の抹消》と《衰滅》は欲しい所。

★青白スピリット・フラッシュ

クリーチャー26
4霊廟の放浪者
4鎖鳴らし
4次元潜入者
4往時の主教
3雷鳴のワイヴァーン
4呪文捕らえ
3大天使アヴァシン

呪文10
4意志の激突
2石の宣告
3停滞の罠
1骨を灰に

土地24
4港町
4大草原の川
2曲がりくねる川
4平地
10島

CardSpellQuellerJ

スピリットは注目されてあちこちで同じようなレシピが組まれていますね。このレシピにはどう調整しても致命的に足りないカードがあります。それは《オジュタイの命令》。「タルキール龍紀伝」のカードなので間もなく落ちてしまいますが、2枚3枚くらいは絶対入れて損は無い、とにかく相性の良いカードです。このデッキでは特にカウンターの《霊廟の放浪者》を再起動できるのが強力。代わりに《骨を灰に》を入れましたが、コストの色が少し違う以外は下位互換です。Pauper勢としては全く同じことが3マナで出来る《除外》と比べてどうしても見劣り・・・

さらに、6マナ払える状態でインスタントの《荒野の確保》を唱えてトークンを出し、《ウェストヴェイルの修道院》→《不敬の皇子、オーメンダール》降臨!という切り札を仕込んだレシピもトッププロから出ています

★白緑天使

クリーチャー26枚
3スレイベンの検査官
4森の代言者
3裏道の急使
3不屈の追跡者
4折れた刃、ギセラ
3大天使アヴァシン
1サリアの槍騎兵
1優雅な鷺、シガルダ
1保護者、リンヴァーラ
1血統の観察者
2消えゆく光、ブルーナ

呪文10枚
2石の宣告
4異界の進化
2停滞の罠
2面晶体の記録庫

土地24枚
4要塞化した村
4梢の眺望
2平穏なる荒野
9平地
5森

CardBriseraJ

何とか《消えゆく光、ブルーナ》を使って《悪夢の声、ブリセラ》を狙いたいと思い、「《異界の進化》を使えばいいのでは?」という方向で組みました。序盤は死なない程度に戦線を維持し、空から殴り勝ちます。クリーチャーは防御力が高いもの、チャンプブロックしたり生け贄に捧げてもアドバンテージを失わないものを選んでいます。
ただし《異界の進化》を経由すると《消えゆく光、ブルーナ》の人間か天使を蘇生する能力が誘発しません。盤面の頭数がすぐにでも必要な場合は《サリアの槍騎兵》や《保護者、リンヴァーラ》、手札のブルーナを唱えたいけど土地が足りない場合は《血統の観察者》で末裔トークンを並べます。
ブリセラさえ降臨すれば、相手がリセットを使う重いコントロールデッキじゃない限り勝ち確定です。

★白青人間

クリーチャー30枚
4ドラゴンを狩るもの
4探検隊の特使
4町のゴシップ屋
4スレイベンの検査官
4サリアの副官
4無私の霊魂
2反射魔導士
4呪文捕らえ

呪文8枚
4石の宣告
4永遠の見守り

土地22枚
4港町
4大草原の川
2放棄された聖域
10平地
2島

CardThaliasLieutenantJ

《呪文捕らえ》を最大限に活かすならどうしよう・・・と考えたらこうなった。旧イニストラードの人間デッキを思い出す色ですね。スピリットよりも早く展開して《呪文捕らえ》などの3マナ域で蓋をするようにしています。《異端聖戦士、サリア》、《反射魔導士》など3マナ域に入れたいカードがやたら多いですがどれも4マナ以降のアクションを潰すのに特化したカード。メタで微調整を。出来れば《アクロスの英雄、キテオン》や《白蘭の騎士》が欲しい所。

ひとまずはこんな所です。
これから始める方も復帰する方も、カードの買い過ぎに注意しながら、スタンダードを楽しんでください。

関連

 - スタンダード ,