Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

【抄訳】低予算の《不浄なる者、ミケウス》EDHデッキが息の長い人気

      2016/07/17

BannerMichaeusTheUnhallowed

今回は黒単の統率者デッキ。Budget commanderで検索したら上位表示されたもので、2年前にデッキ投稿サイトに投稿されてから高い人気を維持し、現在も修正され続けています。

(原文)
Michaeus, Extreme Sub $20 Budget EDH

スポンサーリンク




(翻訳)

★サンプルレシピ

統率者1枚

1x 《不浄なる者、ミケウス/Mikaeus, the Unhallowed》

土地38枚
1x 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1x 《水晶鉱脈/Crystal Vein》
1x 《漆黒の要塞/Ebon Stronghold》
1x 《亡骸のぬかるみ/Mortuary Mire》
1x 《ならず者の道/Rogue's Passage》
32x 《沼/Swamp》
1x 《邪神の寺院/Temple of the False God》

クリーチャー23枚
1x 《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》
1x 《つややかな雄鹿/Burnished Hart》
1x 《鎖千切り/Chainbreaker》
1x 《貪る大群/Devouring Swarm》
1x 《ディミーア家の護衛/Dimir House Guard》
1x 《堕天使/Fallen Angel》
1x 《肉食いインプ/Flesh-Eater Imp》
1x 《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》
1x 《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
1x 《鉛のマイア/Leaden Myr》
1x 《苛み続ける拷問者/Lingering Tormentor》
1x 《貴重品室の大魔術師/Magus of the Coffers》
1x 《無慈悲な処刑人/Merciless Executioner》
1x 《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
1x 《冥界生まれの密集軍/Netherborn Phalanx》
1x 《ファイレクシアの食屍鬼/Phyrexian Ghoul》
1x 《髄掘り/Pith Driller》
1x 《皮裂き/Skinrender》
1x 《回転する破壊者/Spincrusher》
1x 《破れ翼トビ/Tatterkite》
1x 《トリスケリオン/Triskelion》
1x 《臓物の予見者/Viscera Seer》
1x 《翼鳴らしのカカシ/Wingrattle Scarecrow》

ソーサリー6枚
1x 《魔性の教示者/Diabolic Tutor》
1x 《ディミーアの策謀/Dimir Machinations》
1x 《本質の収穫/Essence Harvest》
1x 《もぎとり/Mutilate》
1x 《骨読み/Read the Bones》
1x 《血の署名/Sign in Blood》

アーティファクト20枚
1x 《狂気の祭壇/Altar of Dementia》
1x 《群の祭壇/Altar of the Brood》
1x 《炭色のダイアモンド/Charcoal Diamond》
1x 《勝利の戦車/Chariot of Victory》
1x 《統率者の宝球/Commander's Sphere》
1x 《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》
1x 《破滅の目/Eye of Doom》
1x 《速羽根のサンダル/Fleetfeather Sandals》
1x 《砕けたパワーストーン/Fractured Powerstone》
1x 《研磨基地/Grinding Station》
1x 《守護像/Guardian Idol》
1x 《Jeweled Amulet》
1x 《精神石/Mind Stone》
1x 《ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk》
1x 《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》
1x 《レイモスの頭蓋骨/Skull of Ramos》
1x 《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
1x 《不安定なオベリスク/Unstable Obelisk》
1x 《旅人のガラクタ/Wayfarer's Bauble》
1x 《摩滅したパワーストーン/Worn Powerstone》

インスタント7枚
1x 《弱者選別/Culling the Weak》
1x 《肉体の奪取/Rend Flesh》
1x 《存在の一掃/Scour from Existence》
1x 《引き裂かれた記憶/Shred Memory》
1x 《殺し/Snuff Out》
1x 《血の復讐/Vendetta》
1x 《夜の犠牲/Victim of Night》

エンチャント5枚
1x 《悪魔の隷従/Diabolic Servitude》
1x 《堕ちたる理想/Fallen Ideal》
1x 《強欲/Greed》
1x 《ファイレクシア流再利用/Phyrexian Reclamation》
1x 《夜の断片/Strands of Night》

その他の候補 13枚
1x 《女王への懇願/Beseech the Queen》
1x 《爆破基地/Blasting Station》
1x 《血の芸術家/Blood Artist》
1x 《屍肉喰らい/Carrion Feeder》
1x 《汚染/Contamination》
1x 《墓所の怪異/Crypt Ghast》
1x 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
1x 《心なき召喚/Heartless Summoning》
1x 《Infernal Darkness》
1x 《悪意の苦悶/Malicious Affliction》
1x 《ネクロポーテンス/Necropotence》
1x 《夜の囁き/Night's Whisper》
1x 《太陽の指輪/Sol Ring》

★始まり

もうずっと前ですが、私の友人が何度もEDHの値段が高過ぎる、何百ドルもかけないと良いデッキが組めないと文句を言い続けていました。私はそれに反対して、デッキは高くなることもあるけど、カジュアルなら、安くても相手を殺せるデッキが組めると主張。すると彼は、正しいと思うなら20ドル以内で強いデッキを組んでみろと私にふっかけてきました。彼は明らかにジョークのつもりでしたが、私はその挑戦を受けて立ち、それから約2年後、私たちはこのデッキを公開しました。

私はすぐ《不浄なる者、ミケウス》をジェネラルに使う事にしました。彼はEDHで強力な色の一つであり、たくさんの安いカードで無限コンボを組み立てることが出来ます。

言うまでもありませんが、デッキに入るカードは時期によって変動します!この中の1枚でも競技プレイで使われるようになれば、20ドルに抑えるためには別のカードに差し替えないといけません。

★なぜこのデッキを使うのか?

警告しておきますが、このデッキを使われて嬉しいカジュアル勢は多くないですし、あなた自身もあまりこのデッキをプレイしたいとは思わないでしょう。このデッキは制限の範囲内で効率よく相手を倒す強力な手段を求めたもので、何かをケアするわけでもなく、「フォーマットの精神」に則ったものでもありません。

このようなデッキには繰り返し起こる問題があります。スタックスデッキのことで、もしこのデッキを完成させてマジックの場に持ち込んだとしても、みんな二度とプレイしたくないと思うでしょう、少なくとも頻繁には。

こういったデッキが迎えるオチです。構築している間は素晴らしいですが、テーブルに持ち込んでみたら誰も楽しくないから、最後は分解してパーツになるか、どこかで埃をかぶることになります。しかしこのデッキには大きな違いがあり、それは「20ドル」という値札です。

このデッキが大好きな一番の理由は、対戦相手がのんびり構えていて、気が付いたら彼らの20分の1(ひょっとしたら100分の1かも!)の値段のデッキに負けて、笑いが止まらず、少なくとも何らかのリアクションを見た時の気持ちよさです。それだけでこのデッキを使うのは楽しいんです!なので相手がいる限り、私はデッキをプレイすること自体に何も問題はありませんよ。

さらに、低予算で組むと言う制限によって、このデッキは動きが多彩なものになり、たとえ大半のゲームは無限コンボで勝つことが多くても(たまに統率者ダメージの時もある)、同じパーツを使うとは限りません!あなたの回避能力を持たないアタッカーの攻撃を通すために除去を使う、相手の守りを潜り抜けるために装備品をつけるなどの相互作用があるので、この手のデッキタイプにしては動きの多様性があって楽しめるものになっています。

★デッキの使い方

このデッキの動きはかなりはっきりとしていて、大量の無限コンボを利用します。あなたがやるべきことは、例えば《爆破基地》などのサクリ台を戦場に出し、《不浄なる者、ミケウス》をプレイし、そして《破れ翼トビ》などのカウンターを操作して不死を無限に利用できるクリーチャーをプレイする事です。

《不浄なる者、ミケウス》+《爆破基地》+《破れ翼トビ》=無限ダメージ!

CardMichaeusTheUnhallowedJ

CardBlastingStationJ

CardTatterkiteJ

無限コンボは素晴らしいですが、まだこのデッキの半分も説明出来ていません。このデッキの本当に強い所は、代わりがいくらでも効く事なのです。もし《爆破基地》を引かなかったら?では、ここに同じ役割を持つカードの一覧があります。

サクり台!
《爆破基地/Blasting Station》
《貪る大群/Devouring Swarm》
《堕天使/Fallen Angel》
《堕ちたる理想/Fallen Ideal》
《肉食いインプ/Flesh-Eater Imp》
《血の幼子/Blood Bairn》
《ファイレクシアの食屍鬼/Phyrexian Ghoul》
《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》

生け贄に捧げるクリーチャー!
《トリスケリオン/Triskelion》
《鎖千切り/Chainbreaker》
《燃えがらもやの卑劣漢/Cinderhaze Wretch》
《苛み続ける拷問者/Lingering Tormentor》
《髄掘り/Pith Driller》
《皮裂き/Skinrender》
《回転する破壊者/Spincrusher》
《破れ翼トビ/Tatterkite》
《翼鳴らしのカカシ/Wingrattle Scarecrow》

前者のカードをどれでも、後者のどのカードと組み合わせても、ミケウスが場に出ていたら無限コンボになります!これがこのデッキの勝ち手段で、残りのカードはゴールを目指すための補助です。

残りのカードは5つのカテゴリーに分けました。チューター、回避能力、価値(アドバンテージ)、マナ加速、そして妨害です。
(訳注:レシピを常に更新しているので、サンプルレシピは以下の説明に出て来るカードが入っていない事があります。)

チューター
いつも欲しいカードを引けるわけではありませんが、我々は黒、教示者の色です!予算内に抑えようと思ったら昔ながらのチューターは使えませんが、可能なものは使いましょう。手札の質を高めて勝つためのカードを確保することが出来ます。安い選択肢を探すため、キーワードの変成(変形)にたどり着きました。代替の多いこのデッキでは驚くほど便利です。あらゆる変成カードはサクリ台、生け贄用クリーチャー、他の便利な除去やマナ加速を探すことが出来ます。状況によってはカード自体も当然使えます。

《ディミーア家の護衛》はクリーチャーを生け贄に捧げるカードで(使うには別のカードが必要)、《肉食いインプ》や《苛み続ける拷問者》を探せます。
《引き裂かれた記憶》は除去、《血の座の吸血鬼》と《回転する破壊者》を探します。
《ディミーアの策謀》はこのデッキの一番優秀なエンジン、《爆破基地》と《破れ翼トビ》を探します。
《冥界生まれの密集軍》は相手がトークンまみれならそのまま相手を倒すこともありますが、デッキに入れる一番の理由は単体でミケウスと組み合わせたら無限ダメージを発生させる《トリスケリオン》をサーチ出来る事です。

どれも強力で財布にやさしい追加。唯一の伝統的なチューターは《魔性の教示者》のみで、4マナより重い教示者は自分のメタでは遅すぎ、軽いものはどれも値段が高過ぎます。

回避能力

このデッキの弱点は、無限に大きいだけのバニラが殴ってブロックされないように祈らなければならない事です。それで勝つには十分ではありません。

《ダウスィーの抱擁》、《闊歩するものの装具》、《勝利の戦車》、《速羽根のサンダル》はこの状況で助けになります。クリーチャーに速攻と回避能力を与えるのはこのデッキで極めて価値があり、相手にワンショットキルを対処する時間を与えません。

アドバンテージ

《アスフォデルの灰色商人》を《不浄なる者、ミケウス》と組み合わせたら4人分の統率者で合計30店のライフを稼ぎ出します。無限ライフにはならなくても、稼げる時間を考えればプレイする価値があります。
《ウラモグの手先》は何かが死亡するたびにトークンを出し、生け贄コンボと組み合わせて無限マナを出せます。
《夜の断片》は素晴らしいリアニです。沼、ライフ2点、2マナという無視できる程度のコストで、墓地から直接場にコンボパーツを出すことが出来ます。何度でも!他の全員が死ぬなら、沼の1枚失っても気にならないでしょう?

《悪魔の隷従》はミケウスが場に出た時に、不死の能力を誘発した時にスタックに積んで、《悪魔の隷従》で追放される前に解決することで、《悪魔の隷従》を手札に戻しつつクリーチャーは戻ることが出来ます。0.1ドルのカードとは思えないアドバンテージです。

《血の署名》は他にやる事が無い時の序盤向けのドロー。《夜の囁き》や《力の確約》は再録されたのでデッキに加えました。

マナ加速

黒の低予算デッキで難しい要素はランプです。コンボを達成するために少しでも早くマナを揃える必要がありますが、私たちのきつい財布を通すのは限られたカードだけです。それでも条件に合うマナアーティファクトがあります。《炭色のダイアモンド》、《ファイレクシアのトーテム像》、《玄武岩のモノリス》。黒にはまた、一時的なマナ加速をもたらす《暗黒の儀式》系のカードもあります。《心なき召還》は大量のクリーチャーを素早く展開しますが、場合によっては自分のクリーチャーを殺すことにもなるので注意しましょう。
《太陽の指輪》も再録されたのでプレイしやすくなりました!

妨害と除去

このデッキはコンボで倒すので盤面に干渉する必要はあまり無いですが、相手の方が展開を早くすることもあり、その時に役に立ちます。インスタント除去は脅威を除去するだけでなく、ブロッカーを倒すのにも使います。《破滅の刃》《夜の犠牲》《肉体の奪取》はどんな状況でも使えます。《もぎとり》はこのデッキが許容できる安くて強い唯一のリセットです。

《ネビニラルの円盤》が再録のおかげで0.6ドルまで安くなりました!エンチャントやアーティファクトを同時に除去できるカードは本当に黒単が欲しかったカードです。
《仕組まれた疫病》はトークン対策やタフネス1の統率者対策になります。

エンチャントに関しては、黒は全く対処することが出来ません。アーティファクトなら可能ですが高くつきます。この大きすぎる弱点をフォローする手立てはないのでしょうか?

多少ありますが、そこまで強くはありません。《漸増爆弾》は遅いですが用途が広く、エンチャントも破壊します。
《破滅の目》はあなた自身にも(本当に自分の場に何も無い時以外は)反動がありますが、他に何もしなければ殺されるようなときは最後の緊急対策になります。

(翻訳終了)

ここ数日スパムのコメントが発生して対策テスト中です。何かあったら報告お願いします。

 - EDH/統率者, 翻訳記事 , ,