Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

(駄文)素人がEDH(統率者)デッキ構築論を考えてみた

      2016/06/28

BannerJoriEn

自分がMTGをやっていた頃に大抵のプレイヤーがEDHを持っていたので、自分は手を出していませんでしたが定期的にEDHの記事は読み続けています。

このブログでもけっこうな割合で統率者系の記事を扱っていますが、自分でも考えの整理を兼ねて、今まで翻訳した記事からは違うアプローチのデッキ構築を書いてみます。将来的に自分がEDHに参入するためのメモを兼ねています。

(※注意!)あくまで通常構築をかじっているだけのEDH素人の考えです。絶対に鵜呑みにしないで下さい!経験者はスルーするかツッコミ入れてください!

スポンサーリンク




まずゴール=勝ち方を決める

予算を前提にした記事や新しいカードに注目した記事はよく見かけますが、ここでは予算よりも「分かりやすさ」を優先した構築プロセスを考えてみたいと思います。

大抵の場合はまず統率者から決めて、その統率者ありきでデッキを組むと思います。ですが、自分でそれをやろうとすると、極度に愛着を持つ伝説があるわけでもなければ、カードプールの知識が足りな過ぎてデッキのシナジーを構築するのも限界がありました。

そこで、自分はまず「ゴール」、つまり「勝ち方」を決めて、ゴールから逆算してデッキを組むことにしました。

ゴール=勝ちパターンの例

①普通にクリーチャーで殴り倒す
いわゆるフェアデッキです。アグロでもランプでもコントロールでも良いです。
②毒殺する
一般的に、統率者でも毒カウンターは10個乗れば人が死にます
③統率者ダメージを利用する
ジェネラルが与えたダメージは別途計算して21点で人が死にます。
④自分が知っているコンボで勝つ
スタンダード、モダン、レガシー等で存在するコンボデッキの中から選んで流用します。自分がプレイしていた時期のものが一番分かりやすいです。

①は一見分かりやすいですが、対戦相手×40のライフを削り切るのはしんどすぎて、戦闘などの判断もムチャクチャ複雑になってしまいます。基本的に構築済みの統率者セットは①の形をとっていると考えてください。初代統率者セットが出た時に自分も試したことがあるのですが、何をどう動かしたらよいかサッパリでした。出来る限り他をやった方が最終的に組みやすくなるはずです。

②③は比較的ゴールまでの道筋が見えやすいので、コンボが嫌われる環境の場合はこれらがオススメです。一度《数多のラフィーク》で毒殺を狙うデッキを借りたことがあります。

今回は、自分にとって一番分かりやすい形の④(コンボで勝つ)を意識したデッキを組みます。自分にとって戦闘を経由するよりも複雑な状況判断が比較的少なく、また統率者軸とは違う考え方を紹介するためにコンボデッキを選びます。

自分のゴールはこれです。

CardSplinterTwinJ

旧ゼンディカー~ミラディンの傷跡ブロックのスタンダードに登場し、モダンで禁止されてしまったコンボ。今は眠っているこのカードをもう一度。
これにたどり着く事を中心にデッキを組んでいきます。

★コンボパーツ

CardDeceiverExarchJ

当時を知らない人にコンボの中身を説明。
まず、《欠片の双子》をエンチャントする対象として《詐欺師の総督》か《やっかい児》か《士気溢れる徴集兵》を準備。これらはどれも戦場に出た時「クリーチャーをアンタップする」能力を持っています。
《詐欺師の総督》か《やっかい児》なら瞬速なので直前のエンドに唱えることも可能。

これらに《欠片の双子》をエンチャントしたら、そのクリーチャーをタップしてトークン。そのトークンが能力で元のクリーチャーをアンタップ。またトークンを出して、そのトークンでアンタップ。これで無限にコピートークンを出す。このトークンは速攻を持っているので、あとは殴るだけ。

《欠片の双子》は《鏡割りのキキジキ》でも代用できます。

無限コンボは嫌われるかもしれませんが、2枚揃えば勝ちというシンプルさ、その2枚が代替できて保険がきくというのが利点です。
ただしデメリットとしてクリーチャーなので、とにかく妨害されやすいです。コンボを守るカードをしっかり用意したいですね。

★コンボパーツを探す

ゴールを決めたらコンボの完成を目指してデッキを組んでいきます。この段階で統率者を考えます。次に必要になるのは《欠片の双子》などのコンボパーツを引く事。もちろん青赤かそれを含む色になりますね。こちらのサイト(http://whisper.wisdom-guild.net/)で細かく条件を指定して検索することが出来ます。CardJoriEnJ

結局、他の記事を参照できることもあり《遺跡潜り、ジョリー・エン》にしました。他には置いておくだけでドローが進む《嵐の神、ケラノス》も良いですが、モダンで使われるカードなので高いかもしれません。

CardKeranosJ

ジョリー・エンは1ターンに2枚以上の呪文を唱えるとカードを引くことが出来ます。とりあえず大量の軽いドローを組み合わせてドローを狙ってパーツを揃えに行きます。モダンで禁止されてPauperやレガシーぐらいでしか使われない《思案》《定業》、レガシーですら禁止された《宝船の巡航》、0マナでデッキ圧縮できる《ギタクシア派の調査》《ミシュラのガラクタ》、Pauper常連アーティファクトの《彩色の石》《彩色の宝球》《予言のプリズム》、最近のセットから《予期》などなど、これらはデッキ圧縮と予算圧縮も兼ねます。

あとはドローを連打しやすいように多少のマナ・アーティファクトは入れても良いと思います。《イゼットの印鑑》、《イゼットの導き石》、《虹色のレンズ》、《ダークスティールの鋳塊》など。

★コンボを守る

《欠片の双子》はコンボを狙う瞬間にとにかく妨害されます。守るためのマナを食い過ぎないように、なるべく軽く、出来れば先置き出来るものが欲しいです。
モダンでよくあるのは《呪文滑り》。インスタントだと《払拭》《否認》《対抗呪文》《ミジウムの外皮》。

CardTeferiJ

しかし高いけどヤバそうなのは《ザルファーの魔道士、テフェリー》です。これをエンドに出して通った瞬間、最悪でも1ターンはやり放題。余裕があればコンボ探しのついでにこれを狙う価値もあります。《魂の洞窟》でジョリー・エンともども打ち消されなくしたり、《探検の地図》でその《魂の洞窟》をサーチしたり、《ヴィダルケンの霊気魔道士》でテフェリーをサーチしてみたり。
ここまでやるとクソ高くなるのでほどほどに。

★自分を守る

余ったスペースには、相手の危ないクリーチャーを倒す除去、確定カウンター、赤だからこそ可能な最低限のアーティファクト破壊でデッキを埋めます。

★サンプルレシピ

統率者 1枚
1《遺跡潜り、ジョリー・エン》

土地 36枚
1《進化する未開地》
1《広漠なる変幻地》
1《グリクシスの全景》
1《蒸気孔》
1《イゼットのギルド門》
1《シヴの浅瀬》
1《急流の崖》
1《高地の湖》
1《イゼットの煮沸場》
1《教議会の座席》
1《大焼炉》
1《魂の洞窟》
1《トレイリア西部》
1《魔道士輪の魔力網》
1《荒廃した瀑布》
1《埋没した廃墟》
10《島》
10《山》

クリーチャー18
1《やっかい児》
1《詐欺師の総督》
1《士気溢れる徴集兵》
1《鏡割りのキキジキ》
1《呪文滑り》
1《ザルファーの魔道士、テフェリー》
1《海門の神官》
1《粗石の魔道士》
1《ヴィダルケンの霊気魔道士》
1《古術士》
1《記憶の壁》
1《蒼穹の魔道士》
1《鋳塊かじり》
1《妖精の先触れ》
1《夢の盗人》
1《若き紅蓮術士》
1《空召喚士ターランド》
1《マーフォークの物あさり》

呪文 45枚
1《欠片の双子》
1《対抗呪文》
1《払拭》
1《否認》
1《妖精の計略》
1《対抗変転》
1《ミジウムの外皮》
1《ギタクシア派の調査》
1《定業》
1《思案》
1《宝船の巡航》
1《手練》
1《選択》
1《血清の幻視》
1《熟慮》
1《信仰なき物あさり》
1《ウーナの寵愛》
1《予期》
1《時間の把握》
1《時を超えた探索》
1《捨て身の狂乱》
1《ミシュラのガラクタ》
1《妖術師のガラクタ》
1《溶鉄の呪文爆弾》
1《彩色の宝球》
1《彩色の星》
1《予言のプリズム》
1《探検の地図》
1《イゼットの印鑑》
1《イゼットの導き石》
1《ダークスティールの鋳塊》
1《歪める嘆き》
1《炎の突き》
1《稲妻》
1《炎の稲妻》
1《炎の斬りつけ》
1《ミジウムの迫撃砲》
1《収穫の火》
1《睡眠発作》
1《とどろく雷鳴》
1《汚損破》
1《押しつぶす触手》
1《空砕きの呼び声》
1《危険な櫃》
1《忘却石》

コンボパーツ、コンボを守るカード、デッキ圧縮とマナ調整、除去という役割に全てのカードが分かれています。あとは実際にプレイしてからこれらの比率を調整していくだけです。もう少し勝ち手段のコンボ自体を増やした方がいいかもしれません。
なおデッキの大半がコモンで《対抗呪文》以外は全てモダンで使えるエキスパンションの比較的新しいカードになっています。

何かの役に立てば幸いです。

質問、ツッコミなどお待ちしてます。

 - EDH/統率者, デッキ解説