Gathered!

無名の黒好きプレイヤーによるMTG記事の翻訳中心ブログです。ほとんどモダン。

当たり?ハズレ?『灯争大戦』全神話レアを評価してみた

      2019/04/22

『灯争大戦』スポイラー、新しいカードが分かるたびにストーリーを読み進めているような感覚になって最高に盛り上がりましたね!

今までフルスポイラーが出るたびに注目カードをピックアップしていましたが、今回はちょっとやり方を変えて全ての神話レアで使われるかどうかの評価をしてみました。

《栄光の終焉》:ハズレ

基本的にこのサイクルはX=10以上で唱えられることはほとんど無いと思って評価していますが、そうなると爆発力が足りないかなという気がします。

過去のカードだと《白の太陽の頂点》や《荒野の確保》が近いですがソーサリーなのが痛い。コントロールには合わず、アグロやミッドレンジ向けのちょっと重いカードとしては既にかなり競争率が高くなっています。下の二枚とか。

《黒き剣のギデオン》:当たり

『灯争大戦』で一番の衝撃、それはギデオンが死んでしまったことでした・・・マジックの顔の一つとして多くのプレイヤーに愛されながらも叩きつけられた、彼の死の場面と死後の救いまで丁寧に描かれたカードの数々。

みんな辛かったと思います。ですがご安心ください。

すぐに「わきまえろよギデオン」「あいつは死んで良かった」と叫ぶことになるでしょう。単体でも3マナ4/4で破壊不能のクロックというエンドに処理しづらい性能、さらに他のクリーチャーにまで破壊不能を付けて殴らせてくる。エンドに処理できるカードは《ヴラスカの侮辱》くらいで、最速3ターン目に出されたら無視できないテンポ差を付けられます。

特に《ベナリアの軍司令》と《ベナリア史》が落ちるローテーション後は、彼が暴れ回る姿をあちらこちらで見かける事になるでしょう。

《永遠神オケチラ》:当たり

個人的に一番恐ろしく思ったカード。

打ち消し以外では簡単に処理出来ませんし、《ラノワールのエルフ》や《マーフォークの枝渡り》のような小さいクリーチャーから4/4を生成するのでトップ勝負を改善してくれます。

バント、エスパー、アブザンなどこれまでトップメタに一歩及ばなかった色のミッドレンジを作り出してくれそうです。

《啓示の終焉》:ハズレ

X=2なら《薬術師の眼識》、X=3なら《予知覚》があります。X=4では同セットの《終局の始まり》が打ち消しに強く強力です。X呪文だから単体の効率では劣るのが通常ですが、それでも《発展/発破》や《ハイドロイド混成体》を使えるならそちらに行くべきです。

統率者などでは悪用する可能性がありますが、通常のスタンダードやモダンでは使い辛いと思われます。

《永遠神ケフネト》:当たり

見る限り評価が分かれているカードで、使われるとしたらコントロールに1~2枚だけ入れるフィニッシャーか、《はじけるドレイク》に近いイゼットフェニックスの追加の勝ち手段兼息切れ防止です。

実際にこのカードで都合よくカードアドバンテージは稼げないと思います。しかしコントロールにとって「相手の手札に余った除去から守らなくて良い」勝ち手段というのは、リソースやプレイングの負担がまるで違います。

《骨ドラゴン》《オルゾフの簒奪者、ケイヤ》《変遷の龍、クロミウム》のようなポジションとして、コントロールミラー以外ではより優れているカードかもしれません。

《永遠の終焉》:当たり

黒いミッドレンジあたりが相手のアグロを潰したり、同系との膠着状態を破るために使うカード。

重すぎるカードかもしれませんが、対戦相手の盤面だけを一方的に破壊する効果は《忌むべきもののかがり火》という絶大な支配力を誇った前例があるためどうしても無視できません。

《永遠神バントゥ》:ハズレ

クリーチャーを生け贄に捧げてリソースやダメージを引き出すアリストクラッツというアーキタイプは根強いファンがいますが現在の環境では成功していません。

アグロデッキなら真っ当に攻める方が速いですし、アドバンテージ勝負でこのカードを使うようなコストならタダでリソースを増やすカードがいくらでもあります。

黒単色で、どうしても除去出来ないクロックが欲しいのなら使われるかも?

《戦慄衆の将軍、リリアナ》:当たり

いちリリアナ好きとして、このカードに釣られてアリーナで50パック予約しました←

6マナソーサリーと重いですが、アドバンテージに繋がるゾンビトークンという勝ち手段も優秀ですが、何といっても《血のやり取り》能力は《殺戮の暴君》に回答しやすく、しかも自分は生贄に捧げてもドロー。

少なく見積もってもスタンダードで使われた実績のある《炎呼び、チャンドラ》よりちょっと強いくらいのスペックはあり、黒入りミッドレンジの《秘宝探求者、ヴラスカ》に近いポジションに収まるカードです。

《約束の終焉》:当たり

赤単色にも増えてきたインスタント・ソーサリーを要求するカード。

ちょうど良いタイミングでイゼットフェニックスという相性の良いデッキが2つの環境に存在していて、手札が無くなったころにカード1枚でインスタント・ソーサリー3枚分のプレイを達成し《弧光のフェニックス》を復活!という動きが期待できそう。

ついでに《死せる生》《均衡の復元》あたりを使うデッキは《雷電支配》に代わる新しい選択肢にもなっていますが、こちらは唱える対象のカードも墓地に落とす必要があるという違いがあります。

《猪の祟神、イルハグ》:ハズレ

《野生の律動》に欠けていたもの、それは《弾ける子嚢》のようにコンボと言えるような爆発力を持つ強烈な相方!このカードならその隙間を埋めるような・・・

・・・と言いたいところですが現実的な役割は赤緑のミッドレンジ寄りアグロの5マナ域といったところ。

《スカルガンのヘルカイト》や《包囲攻撃の司令官》、《ビビアン・リード》あたりと比べた時にどう転ぶかで、戦場に出てすぐに効果を発揮せず能力には他のカードが必要と微妙なカードに感じます。

それでも神サイクル共通の除去耐性に5マナ6/6トランプルという圧倒的な固さは魅力的です。

《破滅の終焉》:スタンダードは当たり、モダンはハズレ

《召喚の調べ》や《緑の太陽の頂点》に近いサーチ&踏み倒し呪文。

しかも今回は墓地からも召喚可能。一度使ってしまったシルバーバレットをもう一度再利用するなどクリーチャーデッキのサポートに使う可能性があります。

特にモダンではX=0で唱えて《ドライアドの東屋》を場に出し《不屈の自然》として扱う、《献身のドルイド》や《療治の侍臣》を探してコンボを狙う動きも出来ますが、ソーサリーである点で《召喚の調べ》には負けると思います。

《永遠神ロナス》:ハズレ

見た目以上に使い辛そうなカード。

《原初の飢え、ガルタ》に近いカードで、元々パワーのあるクリーチャーが充分いたら気持ち良くなれますが、小さな《ラノワールのエルフ》やトークンだけが並んでいる盤面では一撃必殺があまり期待できなくなります。

全体的に「有利な時ほど強く、不利な状況をひっくり返せない」カード寄りで、こういうカードは評価が下がりやすいです。

多色

《龍神、ニコル・ボーラス》:当たり

色拘束が厳しくグリクシスカラー以外での運用は不可能に近いですが、5マナで忠誠度を上げながら2対1交換を繰り返すのは今までない領域に踏み込んでいます。

コントロールとしては《荒野の再生》に対処しづらい分グリクシス自体が辛いですが、この色でミッドレンジやスーパーフレンズのようなデッキを組む理由としては十分。

《ニヴ=ミゼット再誕》:ハズレ

残念ながらこのセットの神話レアで最も値段が下がると思うカード。

5色という色拘束はスタンダードでは厳しく、他の環境でもわざわざ2色のカード限定で色を散らしながらデッキを組まないと性能をフルに発揮できない・・・と条件があまりにも厳しく、統率者でも回るデッキを組むのは難しいと思います。

《混種の頂点、ロアレスク》:当たり

《深緑の機械巨人》のように+1/+1カウンターを乗せることに特化したクリーチャーが活躍した例はありますが、青が加わって飛行が入ったのは嬉しい差別化。

あまり使わないタイプのカードなので何とも評価が難しいですが、《ハダーナの登臨》を使うシミック入りデッキなど居場所はあると思います。

《橋の主、テゼレット》:ハズレ

むしろハズレであって欲しい《運命のきずな》の悲劇を繰り返してはいけない

まあ今のところアーティファクトを大量に並べるようなデッキはありませんし、『カラデシュ』のようなセットもありません。優秀なアーティファクトや軽量ドローアーティファクトも多くないので、流石に悪さをする事は無いと思います。

今回は神話レアに絞りましたがレア以下にも強力なカードが盛りだくさんで、強そうなカードを見ても周りが強すぎて本当に活躍できるんだろうかと思ってしまいます。

皆さんは、このセットで一番強いカードはどれだと思いますか?

関連

 - スタンダード, モダン