Gathered!

無名の黒好きプレイヤーによるMTG記事の翻訳中心ブログです。ほとんどモダン。

『ラヴニカの献身』活躍カード予想・反省編

      2019/04/12

 

『灯争大戦』のプレビューが本格的に始まりましたが、毎回この時期になると管理人としてはやるべきことがあります。新カードで盛り上がる前に、前回のセットで注目のカードを予想した結果メタゲームではどうなったかの反省会です。

今回は最後に、発売前には見逃してしまった環境で人気のカードも紹介します(あまりにもありすぎたので)。

スタンダード編

5位:《恩寵の天使》

不正解。環境初期には《残骸の漂着》や《エリマキ神秘家》などと組み合わせてインスタントタイミングで動くバントフラッシュがStarCityGamesで入賞しましたが、その後メタゲームからは姿を消していきました。天使デッキなどでも《黎明をもたらす者ライラ》が優先されています。

おそらくですが《溶岩コイル》が効いてしまうタフネス4が決定的な差になったと思います。

4位:《成長のらせん》

正解。コントロールやビッグマナを支えるカードとして注目していましたが、《運命のきずな》《荒野の再生》という凶悪なコンボデッキを支え、門を使ったコントロールデッキでもタップインのデメリットを補っています。

トップメタからカジュアルまで幅広いデッキを支える1枚になりました。

3位:《どぶ骨》

不正解。このカードや《忘れられた神々の僧侶》を使って組まれたアリストクラッツのようなデッキも出てきましたが、トップメタの一部である赤単・白単・青単のアグロ相手では安定性とクリーチャーの性能と安定性で負け、コントロールデッキやネクサス系の相手には腐るカードが出てしまうという厳しい立ち位置になります。

2位:《屈辱》

正解。このカード、《ケイヤの怒り》、《吸収》、そして《神聖なる泉》と《神なき祭殿》。

多くのコントロール使いが「狂喜」するカード達で埋め尽くされたエスパーコントロールは安定のtier1、そして井川プロのミシックチャンピオンシップ準優勝という華々しい結果を残しました。

さらにアリーナの一本先取ルールでもベストデッキの一角で、優勝したAndrea Mengucciプロ等様々なトッププレイヤーが採用しています。

1位:《野生の律動》

不正解?グルールカラーのアグロはこのカードを無理にデッキの主役にするような構築はあまり見られず、メインデッキに1~2枚入れてサイドから増やすような形の方が多くなっています。

インベイジョン・ブロックを知るプレイヤーからはファイアーズの再来が期待されましたが、《ブラストダーム》《はじける子嚢》のようなコンボと言えるほどの極端なシナジーを持つカードがありませんでした。

引き過ぎてクリーチャーや除去のような戦力が足りなくなることもあるため、今のままだと補助的なパーツとしての扱いが続くでしょう。

モダン編

3位:《徴税人》


不正解。追加の《スレイベンの守護者、サリア》か?と思われますが、あくまで相手の妨害からこちらのビートダウンを守る事しか出来ないという点でモダンの他のクリーチャーに劣っています。

特に今のトップメタのイゼットフェニックスは自分のターンで呪文を連打するデッキなので触ることは出来ず、《弧光のフェニックス》をブロックすら出来ません。

ただし他のクリーチャーを守りやすい能力と死後から出て来るスピリットトークンが噛み合うため、アゾリウスカラーのスピリットデッキに採用されるリストが出始めています。

2位:《アゾリウスの造反者、ラヴィニア》


不正解。ヴィンテージでは大活躍をしていますが、モダンではほとんど採用されているリストはありません。

能力が効く相手がそこまで環境にいなかったようです。基本的に「唱える」事を防ぐ効果ですが、今のモダンのデッキは「唱えずに戦場に出る」効果が溢れていますね。

1位:《批判家刺殺》


正解。大会結果はバラつきがあるもののバーン定番のカードとして採用され、管理人自身も大きな大会には出ていませんが、このカードを入れたバーンで3~4回戦の全勝くらいは何回か達成しています。

ちなみに、同じくらい注目された《舞台照らし》は徐々に減って行って今では採用されないリストが定着。「絢爛」ばかり手札に溜まると悲惨な事になってしまい、火力が優先される傾向です。

今回見逃したカードトップ5

パワーカード満載の強力なセットが続き毎回絞って記事にまとめるのも大変なのですが、今回は単純に見逃したカードがたくさんありました。その中でも特に衝撃を受けたカードをランキング化。では管理人を笑いながら見ていきましょう。

5位:《燃え立つ門》

《門破りの雄羊》《門の巨像》、そして《成長のらせん》と共にタップインランドのギルド門と《ギルド会談》を軸にしたコントロールを成立させました。フィニッシャーは後に《運命のきずな》や《ハイドロイド混成体》に移行するようになりましたが、その後も門デッキのコンセプトを支えていたのはこの軽くて強力なリセットです。

4位:《荒野の再生》

このカードはインスタント限定にはなりますが「土地の枚数だけマナ加速」というとてつもない効果を毎ターン発揮し、大量ドローや《水没遺跡、アズカンタ》の再利用で《運命のきずな》を探し続けるコンボ/ロックデッキがメタゲームに登場。

そして一本先取ルールでは《運命のきずな》が禁止されてしまいましたが、それ以降も《荒野の再生》で悪さをするデッキがアリーナのメタゲームに残っています。

3位:《プテラマンダー》

青単テンポが『ラヴニカの献身』から得たカードは主にこのカードと《本質の把捉》くらいですが、打点がアップして終盤のカードパワーを一気に高めています。

徐々に強さが伝わっていき、ついにミシックチャンピオンシップの優勝+トップ8に合計3人という多色環境のラヴニカとは思えない結果を叩き出しました。

2位:《ハイドロイド混成体》

プレビュー中はそこまで強いという声は出ず、しかし環境開始と同時にミッドレンジ最強のカードとして君臨しました。

最低限「6マナ4/4飛行+ライフ2点+2ドロー」だけでも充分なパフォーマンスで、それ以上なら当然アドバンテージは絶大、しかもドローとライフゲイン部分は唱えた時に誘発するので打ち消す事すらできません。個人的にもアリーナで一番お世話になっているカードの一つです。

しかし予想外だったという点では、どれもこれも次のカードには遠く及びません

1位:《オルゾフの簒奪者、ケイヤ》

最初にこのカードを見た時、《悪鬼の血脈、ティボルト》以来の弱いプレインズウォーカーと思っていました。相手の盤面にはマナコスト1以下にしか干渉できず、他の能力は効果が限定的すぎます。

プレリリースでパックから出てきたときは何もしないカードと思ってデッキから外してしまいました。

しかしこのカードはそういうアドバンテージを取る役割ではありません。じわりじわりと忠誠度を上げながらアグロデッキ相手にライフゲインを続け、スゥルタイミッドレンジから《採取》と《愚蒙の記念像》の対象を奪い、そのうち奥義が決まって相手を倒してしまう、《石臼》にオマケが付いたようなフィニッシャーだったのです。

普通のクリーチャー除去では対処できず、プレインズウォーカーの枚数自体を増やして《ドミナリアの英雄、テフェリー》を守る働きもあり、エスパーコントロールに非常に噛み合ったカードになりました。

(最後に)

今回はこんな感じです。お付き合いいただきありがとうございました。また『灯争大戦』の全カードが公開されたら予想で盛り上がりたいと思いますのでよろしくお願いします。

みなさんが思ったより活躍したカード、活躍しなかったカードは他にありますか?

関連

 - スタンダード, モダン