Gathered!

無名の黒好きプレイヤーによるMTG記事の翻訳中心ブログです。ほとんどモダン。

『ラヴニカの献身』スタンダード・モダン活躍カード予想

   

フルスポイラーが公開されてから少し時間がかかってしまいましたが、恒例の活躍しそうなカード予想。スタンダードとモダンにそれぞれ分けてどのカードが構築で暴れ回るか考えてみました。

なお、ここで伸びを予想したカードを買って、後で外れても責任は負いませんのでご了承ください。

スタンダード編

5位:《恩寵の天使》

見てる限り評価が分かれてる1枚。戦場に出てしまえば直接カードアドバンテージを得られるわけでもなく、《溶岩コイル》で簡単に除去されてしまいますが、しかしコントロールがカウンターを構えながら出せるフィニッシャーというのはそれだけで考慮する価値があります。

こちらのライフに干渉するという意味では《黎明をもたらす者ライラ》と枠を争うと思いますが、このカードのオンリーワンな長所は《苦悩火》に対する回答になる点。これがどう生きるかで採用されるかどうかも変わります。

4位:《成長のらせん》

管理人は個人的にランプが嫌いで、それはマナ加速かフィニッシャーのどちらかを固め引きする事故が起こるとイライラするからです。しかしこのカードはかつての《探検》そのもので、マナ加速でありながら終盤戦で腐る時でもドローになり、無駄が少ないカードです。

しかもインスタントなので、例えばカウンターや除去を構えながらこのカードでマナを増やしていくティムール・スゥルタイ・バントカラーのコントロールなんかも考えられます。重いカード大好きなプレイヤーはお世話になりそう。

3位:《どぶ骨》

墓地から何度でも蘇ってくる1マナ2/1のアタッカー。《墓所這い》、《血に染まりし勇者》、《戦慄の放浪者》・・これまでも似たカードが登場するたびに黒中心の前のめりなデッキが活躍してきました。

今の環境には1マナパワー2の相方《戦墓のグール》、アタッカーとカードアドバンテージを兼ねる《墓地の司令官》や《遺跡の略奪者》のような黒単色でアグロ向けなカードが揃っています。足りなかった優秀な1マナ域が揃った今なら、白単・赤単・青単に続く単色アグロを成立させる力もあるはずです。

2位:《屈辱》

除去やドローのような使われて当たり前の地味なカード、しかも再録カードは盛り上がりにかけると思い、こういうのは極力入れないようにしています。しかしこのカードは《吸収》よりも《ケイヤの怒り》よりもずっと、コントロールにとって意味のある無くてはならないカードに見えます。

環境には《アズカンタの探索》、《アルゲールの断血》、《最古再誕》、《実験の狂乱》など一度通ったらコントロールのしようが無くなる下手なプレインズウォーカーより強力なエンチャントが溢れています。それらに回答しつつ、普通のクリーチャー除去としても使える《屈辱》は、エスパーコントロールがメインに3~4枚入れる価値のあるカードです。たとえ3マナと重く、既に《吸収》を4枚取っていたとしても。

1位:《野生の律動》

かなり前のカードになりますが、管理人以上にマジックの経験が長いプレイヤーなら《ヤヴィマヤの火》を連想したはず。クリーチャーに速攻を与える効果を受け継ぎ、打ち消しを潰してコントロール対策に。さらに重ね引きしても暴動が複数になるため腐りにくい点も《ヤヴィマヤの火》に似ていますね。

《ラノワールのエルフ》→《野生の律動》→4マナ域が暴動で走ってくる・・・という動きをあちこちで見かけそうです。

モダン編

3位:《徴税人》

《復活の声》などの流れを組む、インスタントタイミングでの行動が大きく阻害されるクリーチャーです。相手のターンに撃つ除去やカウンター、さらにはフェッチランドの起動まで1マナ重くなってしまいます。さらに除去しても1/1飛行トークンが残りカードアドバンテージ面も優秀。対コントロール向けの嫌らしい能力で、5枚目以降の《スレイベンの守護者、サリア》として白を含むアグロデッキに採用される可能性があります。

2位:《アゾリウスの造反者、ラヴィニア》

スポイラーでも最初の方に登場して、多くのプロプレイヤーがコメントや記事を書くほど注目を集めていたカード。点数で見たマナコストが土地の枚数より多い呪文を封じる能力は、ウルザトロンや《エルドラージの寺院》はもちろんマナクリーチャーによる《集合した中隊》の早出しも防ぎます。マナが払われていない呪文を打ち消す能力は、例えば続唱のような効果に刺さり、リビングエンドや《血編み髪のエルフ》に刺さります。

モダンやレガシーの様々なデッキを減速させる効果を持ち、5色人間の他にもスピリットや《聖遺の騎士》などバントカンパニー系統のデッキに入るため、居場所もしっかり出来ています。

1位:《批判家刺殺》

おそらくモダン以下の環境を触っているプレイヤーが一番注目したカードはこれではないでしょうか?相手がライフを失っていれば新たな1マナ3点火力。「《稲妻》を各ターン1回、2回、3回と唱えて18点、相手のショックイン込みで3ターンキル」なんてブン回りがますます期待できます。

管理人はこれを見た日にバーンのパーツを買い集めました。

最後に

毎回1つの記事として長くなり過ぎない程度に収めるのが大変で、ここに書かれていないカードでも魅力的なカード、アーキタイプを作れそうなものはまだまだあります。みなさんが特に気に入ったカードは何でしょうか?

これを忘れてる、自分はこれだ、そんなコメントで盛り上がっていきましょう!

関連

 - スタンダード, モダン