Gathered!

無名の黒好きプレイヤーによるMTG記事の翻訳中心ブログです。ほとんどモダン。

デッキ紹介:初心者向け?EDH《儀式の大魔導師、イナーラ》

   

お疲れ様です。EDHか統率者か、毎回両方書くのも面倒だしどっちが良いかなと思い始めてるシグマです。

さて、去年までは参加出来ればよい程度に《スカラベの神》で統率者を組んでいましたが、使っていて思ったより勝てない、正確にはボロ負けはしないけど勝ちきれないという感触が続いていました。

なので、前に《パルン、ニヴ=ミゼット》の統率者記事を翻訳したのをきっかけに能動的なコンボを決めに行くデッキを構築しようと思い、ある程度勝てる形になったので記録を残す事にしました。

勝ち手段

《欠片の双子》コンボ


コンボを決めに行く上で、個人的に一番手に馴染んでいて分かりやすいコンボが、マジックを始めたころに印象に残っていた《欠片の双子》と《詐欺師の総督》コンボです。

《詐欺師の総督》に《欠片の双子》をエンチャントしたらコンボ開始。

1.《詐欺師の総督》をタップして、《欠片の双子》で追加された能力を起動する。

2.《詐欺師の総督》のコピートークンが戦場に出る

3.コピーが戦場に出た能力が誘発。オリジナルの《詐欺師の総督》をアンタップ

4.1に戻る。

これを繰り返すと、《詐欺師の総督》のコピーが無限に発生。これが速攻を持っているので全員でアタックしたら何人でも倒すことが出来ます!

さらに、《詐欺師の総督》は《やっかい児》で、《欠片の双子》は《鏡割りのキキジキ》が代わりになるので、コンボを揃えやすく1回処理されてもまた狙えるという強みがあります。

なので、このコンボを使える青赤を含む統率者を探していたらこれにたどり着きました。

統率者《儀式の大魔導師、イナーラ》

統率者に選んでおけば戦場に出さなくても誘発する「威光」という能力を持っています。唱えなくてもコンボパーツになり、除去されてコストが上がる心配もありません。いくつかコンボの例を紹介します。

《二重詠唱の魔道士》+《幽霊のゆらめき》


1.適当な自分の土地2枚を対象に《幽霊のゆらめき》を唱え、スタックに置く。

2.《二重詠唱の魔道士》を唱え、スタック上の《幽霊のゆらめき》をコピーする。対象は自分の土地と《二重詠唱の魔道士》。

3.コピーした《幽霊のゆらめき》を解決し、《二重詠唱の魔道士》と土地を追放した後すぐアンタップ状態で戦場に戻す。

4.《儀式の大魔導師、イナーラ》の威光に1マナ支払い、《二重詠唱の魔道士》のコピートークンを生成する。

5.生成した《二重詠唱の魔道士》コピートークンの誘発型能力で、スタック上の《幽霊のゆらめき》をコピー。対象は自分の土地と《二重詠唱の魔道士》。

6.3に戻る。無限速攻トークン。

《アシュノッドの供犠台》/《ファイレクシアの供犠台》+《血統の屍術士》


1.《アシュノッドの供犠台》か《ファイレクシアの供犠台》を戦場に出す。

2.《血統の屍術士》を戦場に出す。

3.《儀式の大魔導師、イナーラ》の威光に1マナを払う。《血統の屍術士》のコピートークンを生成する効果をスタックに置く。

4.供犠台で《血統の屍術士》を生贄に捧げマナを出す。

5.《血統の屍術士》のコピー生成を解決、コピーの誘発型能力で《血統の屍術士》を戦場に戻す。

6.3に戻る。無限速攻トークン。

他にもコンボはありますが、相手や戦場の状況にほぼ左右されず、とにかくこの2枚が揃えば勝利という分かりやすくて使いやすいものだけに絞っています。ここまで紹介した3種類の実質2枚コンボを完成させるようにデッキを組んでいきたいと思います。

デッキ全体の動きとしては、

・最序盤はマナ加速。

・ドローやサーチでコンボパーツを探しながら様子見。
・その途中で死なないように除去やカウンターで対処。

・コンボを決める。出来る限りカウンターを構えてコンボを守る。

こんな流れです。「2枚コンボを決めて勝つ」というゴールを目指すので考えようによっては簡単な方だと思います。

青赤のお手軽なカードは《パルン、ニヴ=ミゼット》の翻訳記事でかなり紹介されていますので、こちらでは黒を中心にカードをピックアップしていきます。

サーチ

黒にあって青赤に無いもの、その中でも特にEDHで重要なのは対象を限定せず好きなカードを探す呪文。

定番の《魔性の教示者》と『イクサランの相克』で登場した《首謀者の取得》は4マナソーサリーで少し重めですが、相手にカードを見せずに好きなカードをサーチ出来る上に値段もお手頃。

《悪魔の教示者》は決して安くないですが、この系統の中では軽い上にアドバンテージを失わずお手軽に使えます。何より『アルティメットマスターズ』で再録されたばかりの今が一番安い時期です。

ドローエンジン

相手に対処する手が尽きると死に繋がるだけでなく自分だけ何も出来ないのは楽しくないですから、カードアドバンテージは必須です。

そこで黒なら抑えておきたいのが、戦場に出しておけばカードを引き続けられるドローエンジン。統率者の40ライフにかかれば、この手のカードに付きものなライフロスも怖くないですね。

今のスタンダードでも見かける《アルゲールの断血》は割と手に入りやすいと思います。他の候補は《死者の神、エレボス》、《地下世界の人脈》、《ファイレクシアの闘技場》、《墓生まれの詩神》あたりです。

クリーチャー除去

何だかんだ言っても普通に殴られたり、統率者らしく相手が巨大なクリーチャーを出してくることあります。特にこちらはコンボデッキで特に狙われやすくなります。なので負けないための除去も肝心。

黒なら《滅び》や《毒の濁流》を使いたいところですが、モダンやレガシーで活躍しているカードだけあって買いづらいことも多いですし、もっと欲しいと思う場合もあるでしょう。

ここで黒の最有力候補に挙がるのが《命運の核心》。ドラゴンかそれ以外かという選択にはなりますが、「すべて破壊する」とシンプルで安定しています。

黒以外で使いやすかったリセットが、『イニストラード』で登場した《冒涜の行動》。

戦場が派手になればなるほどコストも軽くなって、《魔性の教示者》で探してすぐに唱える、という動きもやりやすいです。

単体除去は統率者だとアドバンテージ損失に繋がりやすいのであまりたくさん入れたくはありませんが、インスタントタイミングで除去出来ないとこのデッキのようなコンボを決められたりして敗北に繋がることもあります。

《英雄の破滅》は厄介なプレインズウォーカーも破壊できる便利なカード。また『ラヴニカの献身』からはさらにアーティファクトも破壊でいるようになった《魔性》も入れたいと思っています。

また追放しないと危険な場合に備えて専用の除去も用意したいところ。プレインズウォーカーにも通る《ヴラスカの侮辱》が強力ですが、かなり高いカードになるので気になるなら《栄光の刻》と《信者の沈黙》で代用します。

デッキリスト

クリーチャー13
1 儀式の大魔導師、イナーラ(統率者)
1 やっかい児
1 詐欺師の総督
1 二重詠唱の魔道士
1 鏡割りのキキジキ
1 血統の屍術士
1 悪意の大梟
1 瞬唱の魔道士
1 海門の神官
1 幻の漂い
1 墓生まれの詩神
1 死者の神、エレボス
1 吸収するウェルク
コンボパーツ4
1 アシュノッドの供犠台
1 ファイレクシアの供犠台
1 幽霊のゆらめき
1 欠片の双子
マナ加速10
1 太陽の指輪
1 友なる石
1 ディミーアの印鑑
1 イゼットの印鑑
1 ラクドスの印鑑
1 威圧のタリスマン
1 耽溺のタリスマン
1 イゼットのロケット
1 ダークスティールの鋳塊
1 彩色の灯篭
ドロー・サーチ14
1 ファイレクシアの闘技場
1 地下世界の人脈
1 アルゲールの断血
1 リスティックの研究
1 悪魔の教示者
1 魔性の教示者
1 首謀者の取得
1 時を越えた探索
1 渦巻く知識
1 定業
1 思案
1 夜の囁き
1 発見/発散
カウンター10
1 払拭
1 対抗呪文
1 剥奪
1 否認
1 交錯の混乱
1 対抗突風
1 秘儀の否定
1 遅延
1 魔術師の反駁
1 雲散霧消
除去12
1 毒の濁流
1 滅び
1 命運の核心
1 冒涜の行動
1 英雄の破滅
1 信者の沈黙
1 栄光の刻
1 残忍な切断
1 削剝
1 ラクドスの魔除け
1 サイクロンの裂け目
1 月への封印
土地37
1 統率の塔
1 変遷の泉
1 特別観覧室
1 蒸気孔
1 血の墓所
1 湿った墓
1 血染めのぬかるみ
1 汚染された三角州
1 溢れかえる岸辺
1 乾燥台地
1 新緑の地下墓地
1 湿地の干潟
1 沸騰する小湖
1 樹木茂る山麓
1 霧深い雨林
1 異臭の池
1 泥濘の峡谷
1 窪み渓谷
1 燻る湿地
1 水没した地下墓地
1 竜髑髏の山頂
1 硫黄の滝
1 沈んだ廃墟
1 滝の断崖
1 地底の大河
1 シヴの浅瀬
1 闇滑りの岸
1 尖塔断の運河
4 島
3 沼
2 山

管理人が実際に使っているデッキリストではなく、モダンに回しているカードなども加えて最適化したリストです。まだまだ調整や改良の余地はいくらでもあるはずです。

カードプールにはある程度条件を付けています。基本的にモダン基準の『ミラディン』『第8版』より前に登場したカードは外しています。例外はコモンの《対抗呪文》と《リスティックの研究》。

言い換えるとデュアルランドや《意志の力/Force of Will》《マナ吸収/Mana Drain》みたいなレガシー・ヴィンテージで活躍するレベルの超高額カードは無しのリストです。

取りあえず今回はここまで。機会があればまたEDHデッキでも見つけて取り上げたいと思います。

関連

 - EDH/統率者