Gathered!

無名の黒好きプレイヤーによるMTG記事の翻訳中心ブログです。ほとんどモダン。

【翻訳】スタンダード・カードパワーランキング:ラヴニカ第一週

   

新しく『ラヴニカのギルド』が発売されてから一週間が過ぎ、MOのPTQやStarCityGamesのイベントなどいくつかの大きな大会も結果が出始めました。それを受けてChannel Fireballのカードパワー評価が久しぶりに再開。今一番「強い」カードはこれだ!

(※注:原文は次回ランキング更新時に失われます。)

Standard Power Rankings: Guilds of Ravnica, Week 1(Channel Fireball)

スポンサーリンク




(翻訳)

1位:《黎明をもたらす者ライラ》

オレリアを押しのけて、天使の女王がアグロもミッドレンジもまとめて終わらせるために帰ってきた。脅威や除去が極めて強力だった前環境では置いて行かれてしまったが、環境全体のカードパワーが落ちたことで輝くチャンスが生まれたのだ。ライフゲインはこれまで以上にずっと意味があり、タフネス5への回答も少ない。ボロス天使、青白系コントロール、緑白はどれも問題なくライラを戻していける。

2位:《翡翠光のレインジャー》

ゴルガリミッドレンジは特にマジックオンラインで大人気になった。しかし使われているカードはあまりにも多様で共通点を絞るのが難しかった。
《野茂み歩き》も惜しいが、それを抜きにしても多くのデッキが探検パッケージを運用している。そのためゴルガリの強さと一貫性を代表するカードとして《翡翠光のレインジャー》がこのランキングの枠を勝ち取った。

3位:《ドミナリアの英雄、テフェリー》

例え狙うべきメタゲームが分からなくても、環境の初日からプレイヤーは青白系コントロールを使って成功している。今やあらゆる種類のコントロールが見られ、テフェリーは原動力の一つとして生き残っている。それでもテフェリーデッキは、《はじけるドレイク》と再活、《火の血脈、サルカン》とドラゴンを脅威のパッケージとしたイゼットコントロールと競合するようになってきた。

4位:《実験の狂乱》

調整された《未来予知》だって?あ、赤い・・・このカードは怖そうに見えたが、ふたを開けたらこのセットで一番強いカードかも知れない。僅か4マナというコストは過去の《前哨地の包囲》や《ヴァンスの爆破砲》と同じだが、大幅に強化されている。一見不格好な赤のデッキでも、このカードはデッキを掘り進めるようになり、もし回答されなければ赤使いが10枚以上のカードを投げつけることだって珍しくない。

5位:《採取/最終》

2回分の《死者再生》にプレイアブルなリセット効果が付いたら最強のミッドレンジ向けカードになった。ゴルガリは簡単にこのカードを起動できるだけでなく、《縫い師への供給者》や探検クリーチャーで墓地を肥やせば疑似的なチューターとしても使える。軽いコストで実用的なクリーチャーやゲームを終わらせる脅威を回収できるのは極めて強力だ。環境が遅くなれば、このようなカードが上がってくるのを見ても驚くような事ではない。

6位:《大集団の行進》

セレズニアトークンは環境序盤で圧倒的な成功を収めた中の一つだ。強さが知れ渡って人気絶頂になった今からは、このデッキへの反動や勝ち筋を止める対策デッキも見かけるだろう。《大集団の行進》は他のトークン生成手段や《敬慕されるロクソドン》とよく噛み合っている。《開花/華麗》があるため大規模強化呪文を機会損失無しで唱えられることも、このカードを押し上げる要因になった。

7位:《遁走する蒸気族》

なあウィザーズさんよ、1ブロックくらいは赤いデッキに極端に強い軽量クリーチャーを与えないでくれないか?贅沢は言ってない、ただ雪だるま式に有利になるカードをやらないで欲しいよ。《遁走する蒸気族》は簡単に4/4までパワーアップするし、マナ能力は火力呪文を連鎖させつつ4/4を維持するような柔軟性にもなっている。《危険因子》や《実験の狂乱》と組み合わさったらただただ強くなるばかりだ。

8位:《ベナリア史》

コストの高い《灰色熊》生成装置に過ぎないが、ボロスやセレズニアで良く使われている。もしスタンダードをプレイしていたら、他の脅威と共にこのカードを見かける可能性は高い。横に展開する戦場に対処することはこれからも良く当たるシナリオで、これはその中でも警戒が必要な最も伝統的なバージョンだ。もし序盤のクリーチャーから《ベナリア史》に繋げる動きに対処できないなら、君のデッキを片付けるべきだろう。

(翻訳ここまで)

ある程度大きな大会の結果を見るとデッキ多彩ですが、晴れる屋やMTG Goldfishのデッキ検索を見るとボロスや赤単のアグロが若干入賞が多めで、ランキングもそれが反映されていると思います。

関連

 - スタンダード