Gathered!

無名の黒好きプレイヤーによるMTG記事の翻訳中心ブログです。ほとんどモダン。

MiniDeckTech:江村の拳(モダン)

      2018/06/13

マジックの世界とは純然たる弱肉強食である。

少なくともショップで開催されるイベントに出る分には、勝者だけが僅かに与えられた賞品を掴み取り、負けた弱者はただ参加費を奪い取られるのみ。

まさに世紀末。力が全てを支配する悪魔が微笑む時代なのだ。

・・・とまあなんでこんなしょーもない事を書いているのかというと、ちょうど管理人が『北斗が如く』をプレイしていて、何となくデッキ検索を見ていたらこんなリストを見つけたからです。

スポンサーリンク




世紀末滅殺者伝説エムラの拳2

土地18
4《繁殖池/Breeding Pool》
1《森/Forest》
4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2《草むした墓/Overgrown Tomb》
2《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2《寺院の庭/Temple Garden》
1《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
クリーチャー18
2《東屋のエルフ/Arbor Elf》
4《極楽鳥/Birds of Paradise》
4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1《永遠の大魔道師、ジョダー/Jodah, Archmage Eternal》
3《貴族の教主/Noble Hierarch》
2《原始のタイタン/Primeval Titan》
2《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
呪文24
1《裂け目の突破/Through the Breach》
4《古きものの活性/Ancient Stirrings》
1《加工/Fabricate》
3《血清の幻視/Serum Visions》
4《手練/Sleight of Hand》
4《楽園の拡散/Utopia Sprawl》
4《太陽の拳/Fist of Suns》
1《スランの経時門/Thran Temporal Gateway》
1《プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Planeswalker》
1《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
サイドボード15
1《呪文滑り/Spellskite》
2《払拭/Dispel》
2《自然の要求/Nature's Claim》
3《流刑への道/Path to Exile》
2《裂け目の突破/Through the Breach》
3《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》

タイトルは実際に晴れる屋で3-0された際に提出されたもの。ちなみに1はこちら

このデッキの中心は3マナのアーティファクトである《太陽の拳》、およびその5枚目として採用されている《永遠の大魔道師、ジョダー》。

これら単体では戦場に影響を与えないため1ターンの隙を与えてしまうものの、どんな呪文でも「白青黒赤緑」というコストで唱えてしまうという恐ろしい踏み倒し能力を持ちます。

《極楽鳥》《貴族の教主》《楽園の拡散》などモダンでよく使われているありとあらゆる種類のマナ加速を連打することで《太陽の拳》を展開しつつ必要なマナを揃えていくのがデッキの動き。

条件が整ったらぶっ飛んだカードを叩きつけるのみ。踏み倒す筆頭はもちろん《引き裂かれし永劫、エムラクール》!

1回でも殴れば相手の戦場だけ核の炎に包まれたような壊滅的な被害を受けるという流れです。(デッキによっては15点パンチだけで倒れるかもしれませんが)

ちなみにブン回った動きとしては、ショックランド3種類(またはフェッチランド)+《東屋のエルフ》+《楽園の拡散》+《太陽の拳》(またはジョダー)+エムラクール他というハンドで、

(1ターン目)
土地1を出し、《東屋のエルフ》を唱える。
(2ターン目)
土地2を出し、土地1からマナを出して《楽園の拡散》を唱えて土地2に貼る。
土地2をタップして2マナを出し、《東屋のエルフ》でアンタップしてさらに2マナ。
計4マナから《太陽の拳》/《永遠の大魔道師、ジョダー》を唱える。
(3ターン目)土地3を出す。
《引き裂かれし永劫、エムラクール》を唱える。
こんな感じで土地1~3と《楽園の拡散》でそれぞれ緑以外の異なる4色が出るように動けば、この時点で全ての色が1個ずつ出ます。

《太陽の拳》が割られたり引けなくても《スランの経時門》《裂け目の突破》を経由して重いカードを戦場に出す仕掛けが散らされています。1マナのマナ加速が大量に入っているので、特に《裂け目の突破》は1→3→5とジャンプアップしてやはり最速3ターン目には唱えられるので速度は見劣りしません。モダンでもそうそう無い速度です。

踏み倒しで唱える追加のフィニッシャーは《プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス》《精霊龍、ウギン》という着地したら一気に戦場を支配するプレインズウォーカー。

ここまでと比べたら若干インパクトが薄く感じる《原始のタイタン》と《ワームとぐろエンジン》ですが、マナ加速から無理なく繋げられるフィニッシャーであり、盤面を維持してさらに重いカードで蓋をするという組み立ても出来ます。いわば「踏み倒し」枠と「フィニッシャー」枠を両方補うための枚数調整と言えそうです。

マナ加速が10枚以上、踏み倒しの手段とフィニッシャーがそれぞれ8枚前後と、多彩なルートから安定して重いカードを展開するという意志で調整されたデッキ。

派手なコンボや超巨大クリーチャーのような、強力な奥義を決めたいというティミーなプレイヤーなら、このデッキは合っているでしょう。マジックでも事実上トップの化け物と共に、君も世紀末覇者を目指してみないか?

関連

 - モダン