Gathered!

無名の黒好きプレイヤーによるMTG記事の翻訳中心ブログです。ほとんどモダン。

モダン視点で見る『ドミナリア』注目カードトップ5!

   

最近のセットではサボっていましたが、最新セット『ドミナリア』の中でどのカードが活躍するのか、せっかくフルスポイラーが出たのでみんなの流れに乗ってここでも注目カードを紹介していきます。今回は特に今プレイしているモダンに特化して影響力が高そうなカードを独断と偏見でランキング。

スポンサーリンク




5位《魔術師の反駁》

モダンで一定のファンがいて研究されているデッキの一つに、青赤(+α)のクロックパーミッションがあります。そのデッキをトップメタに押し上げる(かもしれない)1枚。

《秘密を掘り下げる者》《嵐追いの魔道士》《瞬唱の魔道士》と相性の良い戦力はたっぷりあります。このあたりのウィザードが攻撃しながら《対抗呪文》を撃ってくるのはなかなかに強い動き。(最初《若き紅蓮術士》と書いてたけどシャーマンでした。)

実はこの枠に《マーフォークのペテン師》とどちらを入れるか迷ったのですが、現状マーフォークがあまり話題にならず、また《マーフォークのペテン師》を他の2マナ域を押しのけてまで採用するべきか判断が付かないのでこちらにしました。

4位《ウルザの後継、カーン》

管理人には持論が1つあります。「毎ターン確実にアドバンテージを取る4マナ以下のパーマネントは危険」で、スタンダードを歪めモダンで使われるカードになります。プレインズウォーカーはその代表例で、《精神を刻むもの、ジェイス》は別格として《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》や《反逆の先導者、チャンドラ》も相手に出されたらトラウマものです。

《ウルザの後継、カーン》もこの無色4マナというお手軽すぎるコストで忠誠値が減らない強力なドローエンジンとして機能します。-2のトークン能力もデッキが合えば無視できない存在。

一撃で勝てる奥義が無いという弱点はありますが、同じような安定性と小回りに特化したカードでは《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》や《炎呼び、チャンドラ》の例も。

他のプレインズウォーカーが入るデッキでは枠を争うのでそこまで使われないと思いますが、エルドラージトロンや親和のようなアーティファクトを使うデッキで採用される可能性があります。そうでなくても必ずどこかで悪さをしそうな予感がするスペックです。

3位《鉄葉のチャンピオン》

時折イベントで見かける緑単や緑中心の2色アグロなら純粋なアタッカーとして採用される強力なカードです。

同じコストの《皮背のベイロス》と比較すると4/5から5/4になって相手を倒すターン数が短くなり、《未練ある魂》や《若き紅蓮術士》のトークン、その他中途半端なクリーチャーでのチャンプブロックを許しません。

このスペックが《ラノワールのエルフ》と《東屋のエルフ》から安定して2ターン目に出てきたり、《集合した中隊》からいきなり飛び出してくる可能性があるのは脅威です。

MTGの構築は各色のトップレアや2色土地をかき集めるためどうしても値段が参入障壁になります。こういう色の少ないデッキ専用のカードが出る事はスタンダードやモダンの敷居を下げる良い傾向ですね。

2位《減衰球》

最近のセットでは少なくなった究極の対策カードです。ウルザトロンやエルドラージトロンの特殊地形が複数マナを生み出せなくなると同時に、ストームや《むかつき》も出されたらほぼ機能停止。トップクラスのアンフェアデッキをたった2マナで崩壊させます。

もちろんトロンや《むかつき》は素でマナを集めたら動けてしまいますが、そのための軽量ドローも連打しにくくなるのがポイント。殴れるデッキなら相手が動き出す前に勝てる時間が稼げます。

ただし《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》デッキの土地に直接触れないという唯一の欠点は個人的に無視できず、過大評価されてるように見えました。なので、元々《血染めの月》や《石の雨》、《大爆発の魔道士》を使えるデッキはすぐに全部入れ替えるべきではないと思っています。しかしそうではない、黒や赤を使わないデッキならとりあえず4枚入れる価値があるでしょう。

パックが剥かれて値段が落ち着いたら4枚買う予定です。

1位《不屈の護衛》

あくまで自分の直感ですが、《減衰球》を超えて「やばい」と思った1位はこれです。

現時点で既に最強デッキ候補である5色人間をさらに強化してしまう1枚。これが《翻弄する魔道士》等を守る上に、単純に1ターン目に出して2/1で殴るだけでも強化手段が多いデッキでは上々ですね。

他にもクリーチャーを使ったコンボデッキでコンボパーツを守るために使ったり、Death & Taxes系のデッキでは、

1ターン目:《霊気の薬瓶》を唱える
2ターン目:《霊気の薬瓶》にカウンターを1個乗せる→《スレイベンの守護者、サリア》or《レオニンの裁き人》を唱える→《霊気の薬瓶》で《不屈の護衛》を出す

という感じでブン回り、最低でも《霊気の薬瓶》以外で乏しかった1マナ域を補いつつレガシーの《ルーンの母》みたいな役割が持てます。とにかく想像以上に器用で使い道の多そうなカードだと感じました。

さて、みなさんはどのカードを使うでしょうか?他のフォーマットはどうなる?コメントでもSNSでも自分のブログでも、どんどんアイデアを出して盛り上がっていこう!

関連

 - カジュアル