Gathered!

無名の黒好きプレイヤーによるMTG記事の翻訳中心ブログです。ほとんどモダン。

気になるデッキ:SCG13位の・・・スリヴァー!?

      2017/08/09

スリヴァー・・・その部族を聞いてとある漫画を思い出して胸が熱くなるなら、あなたは管理人と同年代かもしれない。大昔に存在し、『時のらせん』ブロックで一時復活し、後の基本セットでファンを混乱させた、様々な能力を共有させる能力を活かした部族アグロデッキ。今まで一線級の大舞台で結果を残した記憶はありませんが、なんとSCGで結果を残して話題になってるようです。

(参照)

http://sales.starcitygames.com//deckdatabase/displaydeck.php?DeckID=115351

スポンサーリンク




スリヴァー(モダン)

クリーチャー31
2:《収差スリヴァー/Blur Sliver》
1:《暗心スリヴァー/Darkheart Sliver》
3:《拡散スリヴァー/Diffusion Sliver》
4:《風乗りスリヴァー/Galerider Sliver》
1:《宝革スリヴァー/Gemhide Sliver》
4:《マナ編みスリヴァー/Manaweft Sliver》
2:《壊死スリヴァー/Necrotic Sliver》
4:《捕食スリヴァー/Predatory Sliver》
4:《菅草スリヴァー/Sedge Sliver》
2:《歩哨スリヴァー/Sentinel Sliver》
4:《筋力スリヴァー/Sinew Sliver》
呪文9
4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4:《集合した中隊/Collected Company》
1:《四肢切断/Dismember》
土地20
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《変わり谷/Mutavault》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《スリヴァーの巣/Sliver Hive》
3:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
サイドボード15
1:《カメレオンの巨像/Chameleon Colossus》
1:《拡散スリヴァー/Diffusion Sliver》
1:《休眠スリヴァー/Dormant Sliver》
2:《熱狂スリヴァー/Frenetic Sliver》
3:《調和スリヴァー/Harmonic Sliver》
1:《誘導スリヴァー/Homing Sliver》
1:《心鞭スリヴァー/Mindlash Sliver》
1:《心霊スリヴァー/Psionic Sliver》
1:《奇声スリヴァー/Screeching Sliver》
1:《吸管スリヴァー/Syphon Sliver》
1:《念動スリヴァー/Telekinetic Sliver》
1:《巣主スリヴァー/Sliver Hivelord》

デッキリストがあまりにも美しい。

スリヴァー、スリヴァー、スリヴァー。ただただそれを《霊気の薬瓶》と《集合した中隊》の力を借りてぶつけていく。数体並んだだけであらゆる角度から手が付けられない軍勢が完成する。

純粋に打点が優れているのが《捕食スリヴァー》と《筋力スリヴァー》。実質2マナ2/2の全体強化付きロードと考えれば《アトランティスの王》などのマーフォークに近いかもしれません。

しかし他のラインアップは凶悪、特にまともなフェアデッキでは対処が困難です。たまに当たった時に一番苦しかったのがこちらのカード↓

《菅草スリヴァー》はロード能力を持っているだけでなく全てのスリヴァーに再生がついて殆どの除去が通らなくなり、《拡散スリヴァー》は除去に対して追加のマナを要求します。これが並びだすとスリヴァーの頭数が減らなくなって手に負えなくなります。《神の怒り》《滅び》が入っているなら太刀打ちできますが、意外とメインから使うデッキは多くはありません。

コントロールやミッドレンジでこの除去耐性付きスリヴァーが戦場に並んだらいろいろと覚悟しよう。

このデッキと当たった時は、とにかく序盤からクリーチャーを並べさせないこと。2体3体と並んで殴られ始めたら、いつの間にか追い詰められているはずです。

ではこれで!

関連

 - モダン