Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

今週のマジック記事:ラムナプ・レッドvs赤単包囲網!

   

お久しぶりです。この1週間引っ越しに追われながら某国民的RPGにのめり込むという日々を過ごしてブログに手を付けていませんでした。まだ落ち着いたとは言えない状況ですがいつもの更新を。プロツアーは赤単が環境を席巻していますがオンラインでは既に黒単ゾンビなどが赤単に対抗して出始めているみたいですね。

スポンサーリンク




(国内)

今熱いスタンダードデッキ一覧

2017年MTG最新スタンダードデッキをまとめたぞ!(ボロス兵士のMTG日誌)

リンク先からさらに、ラムナプ・レッドをはじめとして、特にTier1~Tier2に近いデッキの紹介記事へのリンクをまとめています。公式の環境サポートが不定期になった今、こうしてまとめてくれる動きが増えているのは有難いですね。

ニコル・ボーラスとは何者だったのか

多元宇宙ヒストリア 第1回:ニコル・ボーラス(上)(ウィザーズ日本語公式)

破滅の刻ストーリーでゲートウォッチを圧倒したニコル・ボーラス。MTGのストーリー上で繰り返しラスボスとして登場してきた彼の目的とは?昔のストーリーを知らない人向けの集中連載がはじまりました。

『破滅の刻』チャンピオン本人による赤単解説

【翻訳】レッド・デック・(本当に)ウィンズ(エノキダケの観察日記)

多くのプレイヤーが取り組んだラムナプレッド、その中で優勝したPaulo Vitor Damo Da Rosaはどのような判断でカードを選択し、どんなサイドプランを用意したのか?細かい解説を翻訳した記事が出ています!

『破滅の刻』以降のPauperはどうなったか

【翻訳】Visiting Hour by Alex Ullman ~Pauperでの破滅の刻の活躍

最近は晴れる屋がPauper大会をサポートし始めるなど、Pauperが地味にリアル環境でも広がり始めています。もちろん新セットが出たらメタゲームも動きますし、意外なデッキやカードが大活躍することもあるのでコモンといっても油断できません。リンク先の《縞カワヘビ》《グルマグのアンコウ》の探査プランと《死体発掘》プランを組み合わせた墓地デッキは気持ちよさそうです。

スポンサーリンク

(海外)

プロツアー準優勝本人による黒緑巻き付き蛇ガイド

G/B Constrictor Deck Guide(Channel Fireball)

決勝戦で惜しくもPVに敗れましたが、赤単だらけのプロツアーを黒緑で上り詰めた本人のデッキ解説。上の翻訳記事と同じく、細かなカード選択とサイドボードプランが書かれています。サイドボーディングは仮想敵のデッキごとにカード画像でまとめられているので、《巻き付き蛇》ファンなら英文が読めなくてもとりあえず見てみる価値があります。

赤単殺しのライフゲインデッキ

Standard Deck Tech: Mono-White Life Gain (Channel Fireball)

白単でライフゲインを大量に詰め込んだアグロデッキ。マジックオンライン上のPTQでトップ32に入ったというこのデッキ、アグロデッキに対してライフゲインで対抗しつつ殴っていきます。

「発掘」なしのドレッジデッキ

Daily Digest: Dredges Of Sorrow(StarCityGames)

通常の発掘カードではなく、《面晶体のカニ》などのライブラリー破壊系カードを使って墓地を肥やし《秘蔵の縫合体》《恐血鬼》を出していくデッキ。サイドボード後は墓地対策を狙ってくる相手にはライブラリーアウトデッキに変形するギミックになっています。

ラムナプ・レッドを倒す8つのデッキ

Eight Decks to Beat Ramunap Red(TCGPLAYER)

今は確かに赤単がトップメタだ。しかしメタは停滞しているわけでも偏っているわけでもない。トップを狙えるデッキはここにいくらでもある!今はCaw-Bladeもバントカンパニーも無い時代。好きな色のデッキ、好きなアーキタイプのデッキを使うのが一番です。

デッキビルダーこそネットに学ぼう

Brewer's Minute: Why Brewers Should Net Deck

自分でオリジナルデッキを組む人にとって、インターネットで人のデッキを見るのはオリジナリティをなくしそうで嫌になったり毛嫌いするかもしれません。しかし、人のデッキレシピからカードの相互作用やアイデアを学ぶことは、自分自身のデッキ構築の技術や知識として必ず蓄積します。

ツイッターより

こういう暖かみは大切。

この空気感まだ続いてるのかな・・・

ニッサたんとリリアナ様が可愛すぎる

スタンダードでよく使われているクリーチャーランキング。かわいそうな青・・・

 

今週は以上です。あと、個人的ですが名古屋で週末にモダンやれるおススメの店募集中です(←人任せ)

関連

オススメ記事

1
スタン撤退のためトレトクのカード買取を使ってみた

最近気が付いたらほとんどモダン専門になっていました。 生活をしながらデッキを妄想 ...

2
【翻訳】ベストデッキも使わないで何言い訳してるの?

マジックを続けているといつかは避けて通れない瞬間が来ます。好きなデッキを組むか、 ...

3
MTGで勝てないと思った時に見直す4つの質問

最近勝てない。少なくとも管理人はそうです。5~7回戦規模のデカい大会では1回勝つ ...

4
【翻訳】マジックオンライン(MO)初心者がよくやる10の間違い

MO初心者、引いてはこれから紙のマジックを楽しむ人にも読んでもらいたい記事です。 ...

5
【翻訳】乗っては「いけない」、このビッグウエーブに。賢いカードの買い方とは?

GP東京での優勝、さらにモダンでエムラクールとのコンボが発見されたことで《先駆け ...

 - カジュアル