Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

《蝗の神》でトークンの限界を狙うEDH/統率者デッキを考えてみた!

      2017/07/28

『破滅の刻』でボーラスが解き放った3種類の邪悪な神の一つ、《蝗の神》。カードを引くだけで飛行と速攻を持つトークンが出てくる制圧力の高いフィニッシャーでスタンダードの青赤コントロールで採用するレシピも出てきています。

しかし能力そのものにマナがかからず応用が利きそうなので、例えば統率者にも使えないだろうか?そう思ってしばらく考えてから整理してみました。

スポンサーリンク




はじめに

管理人はEDHに関しては素人なので、やる機会ができそうならこういうのを組みたい、くらいの考えだという事を注意。おそらくこの記事に書いてあることの大部分は既に統率者を楽しんでいるプレイヤーは気付いていることばかりだと思いますので、その前提でお付き合いいただければと思います。

さて、この《蝗の神》の能力ですが、これで統率者に勝とうと思うと文字通り100枚くらいカードを引いてトークンを100体以上は出さないと勝てません。なので爆発的に、出来れば無限にカードを引きまくれるような何かが必要です。

例えば、トークンを出してから、そのトークンをもとにドローをすることが出来たら・・・そう、あのカードで。

《頭蓋骨絞め》をトークンに装備させたら、即座に死亡して2ドロー、そのドローから誘発して《蝗の神》からトークンが2体生まれます。これでマナがある限りトークンが大量発生したうえで手札もいっぱい、十分楽しいですがそれだけではマナが切れたら動きが止まってしまい、EDHに勝てないどころかヘイトを集めて逆に瞬殺されそう

ですから、あとはこれを無限コンボっぽく出来ないか・・・できればクリーチャーを生贄に捧げてマナを増やす的なカードがあれば・・・

あった。

これと《蝗の神》、《頭蓋骨絞め》でループが完成します。仮にすべてが揃った状態で《蝗の神》を唱えて除去されずにターンが返ってきたとします。

ターン開始で1ドロー、トークン発生。

1マナでトークンに《頭蓋骨絞め》装備。トークンが死んで2ドロー、トークン2体発生。

《アシュノッドの供犠台》でトークンを1体生贄に捧げ2マナ出す

1マナでトークンに《頭蓋骨絞め》装備。トークンが死んで2ドロー、トークン2体発生。1マナ残る。

《アシュノッドの供犠台》でトークンを1体生贄に捧げ2マナ出す

1マナでトークンに《頭蓋骨絞め》装備。トークンが死んで2ドロー、トークン2体発生。2マナ残る。

以下ループ

こうなると差し引きトークン2体を出しては2体死亡を繰り返してドローとマナが延々と増えていく状態になります。

さらに《アシュノッドの供犠台》と似たコストと性能だけど1マナしか出ない(その代わり好きな色が出る)《ファイレクシアの供犠台》というカードもあります。この場合はマナが増えずドローだけを延々続ける状態になりますが、途中で《アシュノッドの供犠台》を引いて切り替えたらマナも増えていくので、実質2枚目扱いと考えてOKです。

相手を倒す手段

さて、デッキの軸として《蝗の神》《頭蓋骨絞め》《アシュノッドの供犠台》《ファイレクシアの供犠台》という4枚のコンボパーツが確定しましたので、ここから足りないものを補ったりパーツを足して勝ち切るようにデッキをまとめていきます。

一番分かりやすいフィニッシャーの第一候補は《研究室の偏執狂》です。シンプルにライブラリーを引ききるだけで勝利が確定しますが、クリーチャーなので妨害されやすいデメリットもあります。もっともコンボが決まればデッキから複数のカウンターを引いているはずですから、ライブラリーを引ききる途中で大量に出たトークンから《ファイレクシアの供犠台》で青マナを出して守るのは難しくありません。

しかし、せっかくだから《蝗の神》のトークンでド派手に殴り切りたい!大量に沸いた速攻持ちの飛行トークンを、致死量だけ発生させるルートも追加の勝ち手段として用意したいところ。しかし普通にマナを増やしながらカードを引いているだけだと、どれだけ多くてもライブラリー100枚分以上のカードは引けないので、トークンも100体止まりで終わってしまいます。

そこでライブラリー修復手段として《真実の解体者、コジレック》と《無限に廻るもの、ウラモグ》、それらをノーコストで捨てる起動型能力を持つカード、とりあえず《予知するスフィンクス》を用意。(《引き裂かれし永劫、エムラクール》は統率者で禁止です。)

これでライブラリーがゼロになった後も「エルドラージ2枚をタダで捨てる」→「上記のパターンで2枚ドロー」を交互に繰り返して無限マナを出します。

無限マナが溜まったら、今度は「トークンに《頭蓋骨絞め》を装備して2ドロー」と「エルドラージ2枚を捨てる」を交互に繰り返して無限トークンの完成です。対戦相手を全員イナゴまみれにしてしまいましょう!

他には、途中で「クリーチャーが戦場に出たらダメージを与える」という系統のカードを出すという手もあります。良さそうなのは《鍛冶の神、パーフォロス》ですね。破壊不能のエンチャントと対処されにくいので。

とりあえず思いつくのはこんなところ。あとはコンボパーツを集めるためのドローやサーチ手段を片っ端から突っ込んで、ある程度対策カードや除去を入れます。特に起動型能力を封じる《減衰のマトリックス》《真髄の針》みたいなカードを出されたら終わりなので、アーティファクト破壊は厚めにとっておいた方が良さそうです。

サンプルレシピ 青赤《蝗の神》

クリーチャー18
1 蝗の神(統率者)
1 瞬唱の魔道士
1 研究室の偏執狂
1 巡礼者の目
1 幻の漂い
1 粗石の魔道士
1 戦利品の魔道士
1 ヴィダルケンの霊気魔道士
1 海門の神官
1 遺跡潜り、ジョリー・エン
1 発明の領事、パディーム
1 真面目な身代わり
1 ザルファーの魔道士、テフェリー
1 熟考漂い
1 予知するスフィンクス
1 無限に廻るもの、ウラモグ
1 真実の解体者、コジレック
1 鍛冶の神、パーフォロス
呪文46
1 アシュノッドの供犠台
1 ファイレクシアの供犠台
1 稲妻のすね当て
1 精神石
1 イゼットの印鑑
1 太陽の指輪
1 虹色のレンズ
1 予言のプリズム
1 探検の地図
1 渦巻く知識
1 思案
1 定業
1 選択
1 熟慮
1 予期
1 天才の片鱗
1 ヒエログリフの輝き
1 綿密な分析
1 嘘か真か
1 発明品の唸り
1 求道者テゼレット
1 払拭
1 対抗呪文
1 否認
1 雲散霧消
1 虚空の粉砕
1 巻き直し
1 放逐
1 精神壊しの罠
1 即時却下
1 稲妻
1 炎の斬りつけ
1 急速混成
1 猿術
1 削剝
1 破滅の刻
1 力づく
1 破壊放題
1 汚損破
1 火山の流弾
1 秘教の抑制
1 硬化
1 月への封印
1 プロパガンダ
1 ネビニラルの円盤
1 真髄の針
土地36
1 アカデミーの廃墟
1 発明博覧会
1 埋没した廃墟
1 聖遺の塔
1 僻地の灯台
1 進化する未開地
1 広漠なる変幻地
1 蒸気孔
1 イゼットの煮沸場
1 急流の崖
1 硫黄の滝
1 イゼットのギルド門
1 尖塔断の運河
1 統率の塔
1 ダークスティールの城塞
1 教議会の座席
1 大焼炉
12 島
7 山

このリストは極力モダン以降かつコモン重視でカードを揃えているので、もっと良いカードはいくらでもあると思います。

まとめ

《蝗の神》《頭蓋骨絞め》《アシュノッドの供儀台》《ファイレクシアの供儀台》のコンボを軸にEDHデッキを考えてみました。このコンボ自体はおそらく自分よりも先に気づいた人が多いはずですが、デッキの形になってなかったり、自分みたいな「統率者をやってみたいけどネタが無い・・・」状態の人の参考になればと思います。

他にアイデアがあればどんどんコメントを送ってください。きっと検索でこの記事にたどり着いた人の助けになるはずです。

関連

オススメ記事

1
スタン撤退のためトレトクのカード買取を使ってみた

最近気が付いたらほとんどモダン専門になっていました。 生活をしながらデッキを妄想 ...

2
【翻訳】ベストデッキも使わないで何言い訳してるの?

マジックを続けているといつかは避けて通れない瞬間が来ます。好きなデッキを組むか、 ...

3
MTGで勝てないと思った時に見直す4つの質問

最近勝てない。少なくとも管理人はそうです。5~7回戦規模のデカい大会では1回勝つ ...

4
【翻訳】マジックオンライン(MO)初心者がよくやる10の間違い

MO初心者、引いてはこれから紙のマジックを楽しむ人にも読んでもらいたい記事です。 ...

5
【翻訳】乗っては「いけない」、このビッグウエーブに。賢いカードの買い方とは?

GP東京での優勝、さらにモダンでエムラクールとのコンボが発見されたことで《先駆け ...

 - EDH/統率者