Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

『破滅の刻』でデッキをいくつか考えてみた(スタン・Pauper)

   

スポンサーリンク




はじめに

ここに書いているデッキは普段スタンダードをやっていないプレイヤーが思いつきで仮組みしたものばかりですので、デッキの完成度についてはお察しください。

いくつかアイデアを形にしたくらいのもので、参考程度にしていただけると有難いです。

(※以下、赤字は『破滅の刻』の新カード)

青赤コントロール

クリーチャー4
4奔流の機械巨人
呪文30
4検閲
4不許可
2本質の散乱
4天才の片鱗
4ヒエログリフの輝き
4削剝
4マグマのしぶき
2焼けつく双陽
2破滅の刻
土地26
4尖塔断の運河
4さまよう噴気孔
4霊気拠点
2灌漑農地
7島
5山

スタンダードで安定してTier2くらいの位置を占めている青赤コントロールですが、今回は特に新しいカードの恩恵を強く受ける予感がします。上記のリストではカードパワーと柔軟性から思い切って《蓄霊稲妻》の枠を全部《削剝》にしてみました。機体が憎くて仕方ないならこういうデッキもアリかもしれません。追放除去が必要な《屑鉄場のたかり屋》や各種ゾンビは《マグマのしぶき》でカバーします。

黒単エルドラージ

クリーチャー23
3歩行バリスタ
4屑鉄場のたかり屋
4静寂を担うもの
4作り変えるもの
4難題の予見者
4現実を砕くもの
呪文13
4致命的なひと押し
4闇の掌握
2不帰+回帰
2最後の望み、リリアナ
1灯の再覚醒、オブ・ニクシリス
土地24
4イフニルの死界
4霊気拠点
1海門の残骸
1産業の塔
4廃集落
10沼

《コイロスの洞窟》などの土地が消えたことで、エルドラージデッキが色を加えるのが難しい環境になっていましたが、『破滅の刻』でアンタップインかつ無色マナも色マナも出せる土地が出てきましたので、前に合ったようなデッキも組める可能性があります。

現在は除去の質もあって赤単エルドラージが多いですが、こんな黒いデッキも組めるかも。ただ、黒でアグロやミッドレンジを目指すなら今はゾンビの方が強いかも。

《縞カワヘビ》トロン(Pauper)

クリーチャー8
4縞カワヘビ
4熟考漂い
呪文29
4予言のプリズム
3探検の地図
1イゼットの印鑑
2卑下
1対抗呪文
1禁制
2除外
1稲妻
1静電気の稲妻
1マグマのしぶき
1電謀
1収穫の火
1炎の稲妻
2炎の斬りつけ
2禁忌の錬金術
2神秘の指導
1熟慮
1とどろく雷鳴
1ムラーサの胎動
土地23
1ボジューカの沼
3ゆらめく岩屋
4ウルザの塔
4ウルザの魔力炉
4ウルザの鉱山
4急流の崖
3島

序盤はサイクリングでパーツを集め、マナがそろったら5/5呪禁という始末に負えないフィニッシャーになる《縞カワヘビ》はウルザトロンとの相性が抜群。Pauperにおける新たなフィニッシャーになるかも。

ただし素のコストが高すぎるので普通のコントロールデッキには入れづらそうです。

(最後に)

思い付きで作ったデッキをいくつか紹介してみました。このデッキをアレンジするもよし、オリジナルでデッキを考えるもよし。もちろんガチ環境で無難に行くなら既存のデッキを組んでも良いかもしれません。

新しい環境になった直後は一番可能性にあふれた楽しい時期。自由な環境を楽しみましょう!

関連

オススメ記事

1
スタン撤退のためトレトクのカード買取を使ってみた

最近気が付いたらほとんどモダン専門になっていました。 生活をしながらデッキを妄想 ...

2
【翻訳】ベストデッキも使わないで何言い訳してるの?

マジックを続けているといつかは避けて通れない瞬間が来ます。好きなデッキを組むか、 ...

3
MTGで勝てないと思った時に見直す4つの質問

最近勝てない。少なくとも管理人はそうです。5~7回戦規模のデカい大会では1回勝つ ...

4
【翻訳】マジックオンライン(MO)初心者がよくやる10の間違い

MO初心者、引いてはこれから紙のマジックを楽しむ人にも読んでもらいたい記事です。 ...

5
【翻訳】乗っては「いけない」、このビッグウエーブに。賢いカードの買い方とは?

GP東京での優勝、さらにモダンでエムラクールとのコンボが発見されたことで《先駆け ...

 - Pauper, スタンダード