Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

【翻訳】なんと13歳の親和使いが決勝進出!!GPロサンゼルス決勝戦カバレージ

   

マンガのような話は本当に起こるんですね。モダンで行われたGPロサンゼルスで13歳のEthan Brown(イーサン・ブラウン)選手が決勝戦にまで登りつめて全米が震撼。その決勝戦を翻訳してみました。

(翻訳開始)

「《ハーキルの召還術》4枚あるんでしょ?もう、勝てる気がしないよ。」
「(引けるように)祈っておかないとね?」

こういう会話は決勝戦のテーブルではよくある。しかし普通じゃないのは、そのプレイヤーの片方が13歳という事だ。ポートランド(オレゴン州)出身のEthan Brownは全世界を震撼させた。準々決勝ではレガシーマスターとして知られるJoe Lossett、準決勝では計10回のグランプリトップ8を経験したPascal Maynardを倒してきた。そして彼はここにいる。マーフォークと共に勝ち上がってきたSimon Slutskyとの決勝戦を迎える。彼はこのまま優勝してしまうのか!?

「それから《大いなる玻璃紡ぎ、綺羅》・・・飛行をブロックできるのはそれだけだね。」

「ああ、今までは何とか《未練ある魂》で凌げたんだけどね。」そして溜息を突いた。「フェッチランドがいっぱい・・・。」Slutskyが微かに笑いながら答えた。カードをシャッフルしている間、彼は細かな動きからも緊張していることが伺えた。ライブラリーの横にはアップキープの処理を忘れないためのポーンが置かれ、プレイスコアを記録するメモがある。緊張を見越して準備していたのだろう。Brownの方にはライフカウンターと《電結の荒廃者》で使う+1/+1カウンター用のサイコロがある。

マッチアップはBrownが言ったように《ハーキルの召喚術》を巡る戦いになる。第1ゲームでは、Slutskyがマーフォークで逆転できるように《四肢切断》などの正しい除去を引けるかにかかっている。

CardHurkillsRecallJ

しかし第2ゲーム以降は強力なサイドボードカードが「Brownの日」を覆す・・・いや、彼の「日」は覆らないだろう。13歳のプレイヤーが決勝戦にたどり着いた。ここで負けたとしてもこれ以上の事は無い。

★ゲーム内容

・第1ゲーム

Slutskyの手札は良かった。クリーチャー数枚、速すぎるものを除去する1枚の《四肢切断》。しかし彼はただ吹っ飛ばされないことを祈りながら、Brownの最初のターンに耳を傾けるしかなかった。「《ダークスティールの城砦》、《メムナイト》、《オパールのモックス》・・・」Brownが宣言する。そしてこう続けた。「タップして赤マナと無色マナ、《頭蓋囲い》」

CardCranalPlatingJ

Blownは少し考え込んでからターンを終えた。上々の立ち上がりだ。

Slutskyはメムナイトを除去したが、Brownはすぐに《ちらつき蛾の生息地》、《大霊堂のスカージ》と続いた。まばたき一つする間も無い。

Slutskyは頭を振った。「こいつは本物の悪夢だ。」

彼がこの状況を打開しようと必死に悩んでいる間、Brownは椅子に座って揺れながら鼻歌をはじめていた。まるでプレッシャーを感じていないようだった。

それでも彼は2枚目の《四肢切断》を持っていた。しかし次に聞いたのは、「《頭蓋囲い》をインスタントタイミングで動かして・・・」

「こいつは凄い。」Slutskyは笑っていた。「俺のライフは11で君は・・・20か?」だが、Slutskyの状況は悪化していた。必要な回答を手に入れてるようには見える。《大霊堂のスカージ》を自身の《幻影の像》と交換。《ちらつき蛾の生息地》も《広がりゆく海》で無力化した。

しかし次のターン、こう聞こえた、「《墨蛾の生息地》。《電結の荒廃者》は?」

「・・・ああ、解決していいよ。」これだけ除去しても、Slutskyは次の攻撃で毒カウンターを8個食らった。

アグロデッキから4枚の除去が飛んできても、この親和を止めることは出来ていなかった。次のターンでそれは終わる。Slutskyは1ゲーム負けた。

・第2ゲーム

しかしここからは《ハーキルの召還術》が輝く時間だ。Slutskyは《ハーキルの召還術》を最大限に活用するべく考えているだろう。2マナでBrownの戦場を全部バウンスできればどんな酷いゲームもひっくり返すことが出来る。とにかく《ハーキルの召還術》を祈っているだろう。

第2ゲームの手札を引いた時、Slutskyは突然爆笑した。それは6枚の土地と《ハーキルの召還術》だったのだ。彼は祈り過ぎたのだろうか。

マリガンした2度目の手札は1枚の土地と《ハーキルの召還術》があり、占術をしたら2枚目の「召還術」があった。彼は2枚目の土地を求めてそれをデッキの下に送った。これは「召還術」の引きすぎだ。

Slutskyが土地と召還術の間で悩んでる時、Brownは親和がやるべき事をやっていた・・・勝つことだ。《頭蓋囲い》をつけた《刻まれた勇者》が《電結の荒廃者》のバックアップを受けて7点のダメージを与えた。

しかしその時、Slutskyは2枚目の土地を手に入れ、ハーキルが使えるようになった。ダメージは受けたが、それ以上は許さない。《ハーキルの召還術》が全てをSlutskyの手に取り戻した。そして魚だ。

奴らはピラニアの群れのようにBrownのライフを食い尽していった。計画通り。
しかし、《ハーキルの召還術》は第三ゲームもSlutskyを救うことが出来るのか?

・第3ゲーム

最後のゲームでは、ここまでのBrownにしては一番遅い立ち上がりのように見えたが、そのトーナメントで一番輝いた瞬間だった。Brownは《羽ばたき飛行機械》を2枚唱え、《空僻地》を置いてターンを終了した。そして興奮を隠せないまま、Slutskyが最初のターンに唱えた《霊気の薬瓶》を《呪文貫き》で打ち消したのだ。

CardAEtherVialJ

CardSpellPierceJ

「おおおおおっ!」ホール中が、放送席が沸いた。Slutskyが崩れ落ちた。これが彼の最後なのか?

それから、《頭蓋囲い》と2枚の《電結の荒廃者》が戦場に加わり、数ターン後、Slutskyのライフは残り4点。Brownはただ微笑んで、あと1ターン攻撃出来ることを祈った。

彼は腕を組んだ。Slutskyが《ハーキルの召還術》を持っていないことを祈っていた。「持ってないように、持ってないように」、そう言っているのが聞こえそうだった。

だが、Slutskyは持っていた。

《ハーキルの召還術》はBrownの戦場の全てをバウンスさせた。前のゲームのように完全にゲームを逆転したとは言い難く、まだSlutskyの状況は決して良いとは言えなかった。それでも展開した戦場を全部手札に戻し、《空僻地》は無くなってしまった。

Brownは何事も無かったように戦場を埋め尽くし、Slutskyは再び次のターンに死んでしまうという所まで追い込まれた。

しかし次のカードを引き、考えて、彼はこれまで無かった何かが見えた。いや、見ていたのか、それとも初めからずっと狙っていたのか。分かるのは、カバレージ筆者には見えてなかっという事だけだ。Brownも、観戦していた大半の人たちも気づいてなかっただろう。

ライフが17点のBrownを前に、Slutskyは《メロウの騎兵》のアンタップ能力を使ってマナを水増しし、戦闘前に《アトランティスの王》を唱え、《変わり谷》を起動した。

CardLordOfAtlantisJ

Slutskyは全てを戦場に送り込んだ。そしてそれはちょうど17点のダメージだった。《広がりゆく海》のおかげで、この島渡りを持つ魚をBrownのクリーチャーは止めることが出来ない。

彼自身信じられなかった。Slutskyは両腕を上げた。この1試合で、「本物の悪夢」が「グランプリ優勝」に変わったのだ。

Simon Slutsky 2-1 Ethan Brown

(翻訳終了)

惜しくも決勝戦では敗退してしまいましたが、Brownはグランプリ決勝戦まで残った最年少のプレイヤーとのこと。
これからの活躍が期待できますね!

感想、質問、ツッコミ等大歓迎です!

関連

オススメ記事

1
スタン撤退のためトレトクのカード買取を使ってみた

最近気が付いたらほとんどモダン専門になっていました。 生活をしながらデッキを妄想 ...

2
【翻訳】ベストデッキも使わないで何言い訳してるの?

マジックを続けているといつかは避けて通れない瞬間が来ます。好きなデッキを組むか、 ...

3
MTGで勝てないと思った時に見直す4つの質問

最近勝てない。少なくとも管理人はそうです。5~7回戦規模のデカい大会では1回勝つ ...

4
【翻訳】マジックオンライン(MO)初心者がよくやる10の間違い

MO初心者、引いてはこれから紙のマジックを楽しむ人にも読んでもらいたい記事です。 ...

5
【翻訳】乗っては「いけない」、このビッグウエーブに。賢いカードの買い方とは?

GP東京での優勝、さらにモダンでエムラクールとのコンボが発見されたことで《先駆け ...

 - モダン