Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

【翻訳】モダン・アブザン昂揚の実況動画とサイドメモ

   

《残忍な剥ぎ取り》を採用した昂揚ジャンドの実況動画を、Channel Fireballからリード・デュークがお届けします。アブザンジャンク系は組もうか迷っているアーキタイプの1つなので久しぶりに動画抄訳とサイド取りをやりました。

スポンサーリンク




(動画)

アブザン昂揚ミッドレンジ

クリーチャー15
2:《貴族の教主/Noble Hierarch》
3:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《闇の腹心/Dark Confidant》
呪文22
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
3:《未練ある魂/Lingering Souls》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2:《ミシュラのガラクタ/Mishra's Bauble》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
土地23
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
2:《湿地の干潟/Marsh Flats》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3:《樹上の村/Treetop Village》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
1:《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》
2:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《森/Forest》
2:《沼/Swamp》
サイドボード15
3:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《流刑への道/Path to Exile》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》

今日はアブザンミッドレンジをプレイする。このデッキは剥ぎ取り型のアブザンで、世界選手権の頃に流行っていた。確かLuisが5位だったかな?その時のフレームワークが元だ。もちろん、《致命的な一押し》はこのデッキにとって巨大な新戦力で、このカードでジャンド以外のBG系デッキを使えるようになったと思う。《闇の腹心》は単純に強いカードで、マナカーブの低く軽い除去が多いこのデッキによく合っている。

《致命的な一押し》のおかげで、このデッキは今モダンを支配しつつある《死の影》に対して有利なマッチアップになった。

マナベースが黒と緑に大きく寄っていることに気づくだろう。《未練ある魂》とサイドボードのカードをタッチするために《寺院の庭》と《神なき祭殿》だけを1枚ずつ入れている。このデッキは効率的な黒緑のデッキであり、1マナ域と2マナ域がスムーズに出て来るようにする。《花盛りの湿地》はアンタップインできる土地で、《樹上の村》は《貴族の教主》と組み合わせてビートダウンできる。

《死の影》に勝つ方法は、常に黒の除去を構えておくことだ。相手のクリーチャー数は多くないから、最初の1、2体を倒せば攻め手が無くなるだろう。

(サイドボード記録)

R1:親和

+2 流刑への道
+2 集団的蛮行
+3 大爆発の魔道士
+3 石のような静寂

-4 ヴェールのリリアナ
-2 残忍な剥ぎ取り
-2 思考囲い
-2 ミシュラのガラクタ

R2:バントマーフォーク+カンパニー

+2 流刑への道
+2 集団的蛮行

-3 未練ある魂
-1 残忍な剥ぎ取り

R3:ジェスカイコントロール

+3 大爆発の魔道士
+1 思考囲い
+2 集団的蛮行
+1 台所の嫌がらせ屋

-2 貴族の教主
-2 突然の衰微
-3 致命的な一押し

R4:ドレッジ

+2 流刑への道
+2 墓掘りの檻
+1 機を見た援軍
+1 台所の嫌がらせ屋
+2 集団的蛮行

-2 コジレックの審問
-2 思考囲い
-4 ヴェールのリリアナ

R5:アブザン無限頑強カンパニー

+2 墓掘りの檻
+2 流刑への道
+2 集団的蛮行
+1 思考囲い
-3 未練ある魂
-3 ヴェールのリリアナ
-1 コジレックの審問

(翻訳ここまで)

《タルモゴイフ》の打点、《闇の腹心》と《未練ある魂》のアドバンテージ、《漁る軟泥》の墓地対策と回復力、安定した手札破壊と除去、いろいろな強さが詰まって安定しているので、混沌としたモダン環境にうまく嚙み合ってそうですね。

関連

オススメ記事

1
スタン撤退のためトレトクのカード買取を使ってみた

最近気が付いたらほとんどモダン専門になっていました。 生活をしながらデッキを妄想 ...

2
【翻訳】ベストデッキも使わないで何言い訳してるの?

マジックを続けているといつかは避けて通れない瞬間が来ます。好きなデッキを組むか、 ...

3
MTGで勝てないと思った時に見直す4つの質問

最近勝てない。少なくとも管理人はそうです。5~7回戦規模のデカい大会では1回勝つ ...

4
【翻訳】マジックオンライン(MO)初心者がよくやる10の間違い

MO初心者、引いてはこれから紙のマジックを楽しむ人にも読んでもらいたい記事です。 ...

5
【翻訳】乗っては「いけない」、このビッグウエーブに。賢いカードの買い方とは?

GP東京での優勝、さらにモダンでエムラクールとのコンボが発見されたことで《先駆け ...

 - モダン