Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

禁止改定なし!ツイッターからプロプレイヤーの反応を集めてみた

   

回数を増やす変更が行われてから最初の禁止改定が発表されました。結果、全てのフォーマットについて変更無しということになりました。これを受けて禁止直後の反応やコメントを集めてみました。

スポンサーリンク




(反応)

Brian Braun-Duin

「《真髄の針》のような何でも受け止めるカードが全てのスタンダード環境で使えるようにするべきだと強く信じている。」

Brian Kibler

「一般的にマジックのスタンダードで禁止を避けるのは良い。それでも、カードを3枚禁止した時も悪くなっているみたいだ。」

「デベロップは難し仕事だから失敗には寛容だ、しかしエムラクール/霊気池の脅威とサヒーリ/フェリダーは大ポカが続いている。」

Conley Woods

この気まぐれなスタンダードでは禁止しないことが妥当だと思う。何度も変更がありすぎる事は「修正」されるべきだ。今は待とう。

Martin Juza

「アモンケットでは《英雄の破滅》と《強迫》を入れたほうが良い、この環境なら両方使える。」

Michael Sigrist

「禁止が無かった事に驚いてはいないし、私も同じ選択をしただろう。プロツアー前に禁止が出ると予想してるけど。」

Paulo Vitor Damo Da Rosa

「サヒーリを7ドルで売ったと自慢していた連中を祝ってやりたい。」

Saffron Olive

「メタの観点から見ると、変更が無かったのは嬉しい。スタンダードの禁止はゲームの健全さにあまりにも悪いからね。」

Seth Manfield

「スタンダードは《真髄の針》みたいなカードが必要だよ。」

「ティムール《電招の塔》の強さに気付いたのは私だけじゃなかったようだ・・・ウィザーズがカードを禁止しなかった理由になっていた。」

Shaheen Soorani

「彼らのスタンダードで禁止無しに対する説明は見苦しいな。新しいセットではこの開発のミスで生まれたコンボに対抗できるような奇跡が起こってほしい。」

また開発側から今回の禁止についてこんな補足も。

Aaron Forsythe

「禁止改定発表の回数を2倍にするのは、禁止を2倍にするためではなく、禁止する際の精度を高めるためでした。」

(翻訳ここまで)

自分の考えとしてはこれでよかったと判断。特定の1個のデッキが完全にメタを支配したわけではないですし、以前の記事で書いたように、セットが1つ出るたびに2回もカードが禁止されたら怖くてカードを買えません。さて、今週末は現状維持の環境でGP静岡が開催されます。出られる方、頑張ってください!

関連

オススメ記事

1
スタン撤退のためトレトクのカード買取を使ってみた

最近気が付いたらほとんどモダン専門になっていました。 生活をしながらデッキを妄想 ...

2
【翻訳】ベストデッキも使わないで何言い訳してるの?

マジックを続けているといつかは避けて通れない瞬間が来ます。好きなデッキを組むか、 ...

3
MTGで勝てないと思った時に見直す4つの質問

最近勝てない。少なくとも管理人はそうです。5~7回戦規模のデカい大会では1回勝つ ...

4
【翻訳】マジックオンライン(MO)初心者がよくやる10の間違い

MO初心者、引いてはこれから紙のマジックを楽しむ人にも読んでもらいたい記事です。 ...

5
【翻訳】乗っては「いけない」、このビッグウエーブに。賢いカードの買い方とは?

GP東京での優勝、さらにモダンでエムラクールとのコンボが発見されたことで《先駆け ...

 - スタンダード