Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

【翻訳】レガシー初心者向け入門5:プリズンデッキ(CFB)

   

Channel FireballでReid Dukeプロが連載していたレガシー初心者向け入門のシリーズは、著者自身がレガシーのグランプリで優勝してからしばらくアップされていませんでしたが、間を開けて再開されていました。

(翻訳は意訳・省略も含みます。原文はこちら)

Legacy Guide Part V: Prison Decks by Reid Duke

スポンサーリンク




(翻訳)

少し間が空いてしまったが、ようやく5つ目のレガシー入門が完成したよ!最初の4パートはここを見てくれ:

レガシーへの招待
レガシーの概観
デッキの選び方
コンボデッキ

今回紹介するデッキが絶対的に強いとは自信を持って言えない。だけど、僕が個人的に環境を定義するデッキの一部だと考えている。レガシーをレガシーたら占めて、スタンダードやモダンのような新しいカードのフォーマットと差別化しているんだ。

これらはプリズンデッキと呼んでいるデッキだ。もしこの言葉が見慣れないなら、それは今のスタンダード環境からほとんど絶滅したからだ。この戦術を可能にするカードは独特で、古く、スタンダードリーガルな形ではほとんど再録されない。プリズンデッキを理解することは、レガシーと新しいカードのフォーマットの違いを理解するカギだ。

プリズン(牢獄)とは?

プリズンは相手の呪文を唱えられなくして、またはカードを通常の効果で使えなくする戦術だ。《思考囲い》、《対抗呪文》、《剣を鋤に》のような、相手の脅威を1-1交換するカードには慣れているだろう。プリズンカードの目的は、広い範囲のカードを同時に無力化する事なんだ。

「プリズン」カード

マジックを象徴するプリズンカードを見てみよう。これはレガシープレイヤーもモダンプレイヤーも見慣れているカードだ。

《血染めの月》はプリズン戦術に関わる2つの機能を持つ。1つ目は特殊地形の能力を奪う事により、大部分の相手のデッキから効果を奪う事だ。相手の《ミシュラの工廠》を1枚ずつ除去するよりも、《血染めの月》ならゲームの残りの間ミシュランを全部止めて売れる。同じように《血染めの月》が戦場にある限り《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》、《アカデミーの廃墟》、《暗黒の深部》を心配しなくて良い。

《血染めの月》の2つ目の重要な機能は、相手が呪文を唱えることを止めてしまう効果だ。基本でない土地の能力をシャットダウンするのと同じように、色マナを必要とする呪文も間接的にシャットダウンしてしまう。

《虚空の杯》は、現在のレガシーで最も重要なプリズンカードだ。レガシー入門のパート2を思い出してほしい。「レガシーのカード効率が極限に高まった結果、プレイヤーのデッキリストのほとんどが1マナや2マナのカードで構成されている。それを利用して《虚空の杯》や《相殺》(《師範の占い独楽》と組み合わせて)をサポートするデッキは可能だ。」

一部のデッキはレガシーの強力な1マナの呪文と引き換えに《虚空の杯》から見返りをえようとしている。もし戦場にカウンターが1個置かれた《虚空の杯》があって、君のデッキがそれを前提にプレイするように作られていたら、レガシーのほとんどのデッキに対して巨大なアドバンテージを得ることが出来るんだ。

《血染めの月》と《虚空の杯》は代表的なプリズンカードの例だ。しかし他にも、ちょっと名前を挙げるだけでも《スレイベンの守護者、サリア》、《抵抗の宝球》、《アメジストのとげ》、《三なる宝球》、《窒息》、《罠の橋》、《ハルマゲドン》にぶつかるかもしれない。

プリズンデッキから何を予測するべきか?

この時点で大事なことを説明しておかないといけない。特化したプリズンデッキもあるけれど、君はそれ以上に、他の戦術を利用しながらプリズンの要素を持っているデッキと当たる事になるだろう。例えば、サイドボードに《血染めの月》を入れたコントロールデッキ、または《スレイベンの守護者、サリア》を使う妨害要素を持ったクリーチャーデッキだ。

プリズンが対戦相手の最重要な戦術の一つなら、それを利用するマナ加速を使っている可能性が高い。相手が《虚空の杯》、《血染めの月》、《三なる宝球》を戦場に出すほど、その効果は大きくなる(例えば1ターン目に《虚空の杯》X=1の時と、既に相手が《秘密を掘り下げる者》を唱えた後の2ターン目に《虚空の杯》を唱えた場合の違いを考えてみよう)。

プリズンカードは早くて最初のターンに出て来ることも見越しておく必要がある。もし相手がこの脅威となるカードを1ターン目に唱えるため《古の墳墓》、《モックス・ダイアモンド》、《水連の花びら》のような高速マナを使ってくるなら、君は《意志の力》が必要か、それらと戦うためのデッキを構築しないといけない。

プリズンの要素を持つデッキ

ここでは、プリズン戦術を使っているけどプリズンデッキとは分類されないデッキを取り上げる。この境界線はあいまいで、これがマジックのデッキを分類する唯一の正しいやり方ではない事は、頭に入れてほしい。

奇跡は第一には受動的なコントロールデッキだが、《相殺》と《師範の占い独楽》のロックを使う。奇跡のサイドボードには《血染めの月》、《基本に帰れ》、《灰からの再興》が入るのも普通だ。《突然の衰微》と《クローサの掌握》は《相殺》特区から君の身を守るためのカードだ。

無色エルドラージは少ない代償で《虚空の杯》X=1を素早く唱えることができる攻撃的なクリーチャーデッキだ。このデッキのサイドボードには《抵抗の宝球》と/または《アメジストのとげ》のようなプリズンカードがさらに入っているだろう。《意志の力》と《突然の衰微》は1ターン目の《虚空の杯》と戦うための最高の2枚だ。

デス&タックスは《スレイベンの守護者、サリア》、《聖域の僧院長》、さらに《不毛の大地》と《リシャーダの港》対戦相手が呪文を唱える能力に圧力をかけていく白いクリーチャーデッキだ。《ファイレクシアの破棄者》に《迷宮の霊魂》、《封じ込める僧侶》、《真髄の針》、《ハルマゲドン》、《大変動》のような他のプリズンカードも使う。ロックされないためには充分な量のマナを確保して、軽い除去を大量にプレイしよう。

スポンサーリンク

特化したプリズンデッキ

土地単(Lands)

(2017年2月8日 Daryl Ayers、StarCityGamesチーム構築 5位)

土地34
1:《蛮族のリング/Barbarian Ring》
1:《Glacial Chasm》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3:《イス卿の迷路/Maze of Ith》
4:《リシャーダの港/Rishadan Port》
2:《Taiga》
4:《演劇の舞台/Thespian's Stage》
4:《不毛の大地/Wasteland》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1:《The Tabernacle at Pendrell Vale》
4:《暗黒の深部/Dark Depths》
1:《森/Forest》
呪文26
4:《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4:《踏査/Exploration》
2:《マナ結合/Manabond》
4:《輪作/Crop Rotation》
4:《罰する火/Punishing Fire》
4:《ギャンブル/Gamble》
4:《壌土からの生命/Life from the Loam》
サイドボード15
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
2:《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《クローサの掌握/Krosan Grip》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》

Landsは「特化したプリズンデッキ」と私が分類する中では一番成功したデッキだ。その名の通り、Landsは大量の、多彩な特殊地形を利用してゲームをコントロールする。《壌土からの生命》はカードアドバンテージを供給し、《踏査》、《マナ結合》、《モックス・ダイアモンド》が爆発力を与える。

Landsは《不毛の大地》、《リシャーダの港》、《幽霊街》の組み合わせをつあって相手のリソースを奪う(最終的に《壌土からの生命》でゼロにまで削る)。《イス卿の迷路》、《Glacial Chasm》、《罰する火》、《The Tabernacle at Pendrell Vale》で相手のクリーチャーを無力化する。

今ではLandsは20/20のマリット・レイジトークンで素早く相手を倒せるが、《演劇の舞台》が出るまでは、相手が呪文を唱えられなくなりクリーチャーで殴れなくなってから、《罰する火》、《蛮族のリング》、またはクリーチャーランドでゆっくりと苦痛に満ちた死を与えていた。

これらに加えてサイドボードからは《虚空の杯》、《抵抗の宝球》が来ることも覚えておこう。

Landsは有力なデッキで戦うのは難しい。この戦術と戦う一番の良い戦術は、ストームのような相手と相互干渉しないコンボデッキだ。そうでなければ、基本土地を罰する君自身のプリズンカードで真っ向から戦うのが良い。《血染めの月》、《ハルマゲドン》を考えよう。最後に、君のマナを守り、相手の防御手段を回避する《真の名の宿敵》、プレインズウォーカーのような脅威を選ぼう。

絵描きの召使い

レガシーには他にも多くのプリズン特化デッキがあるが、どれもフォーマットで一番人気のデッキの中には入っていない。これらのデッキは(限定されないけど)アグロローム、ゴブリンストンピィまたはドラゴンストンピィ、エンチャントレス、Pox、テゼレット、MUDを含む。全部個別に勉強する必要は必ずしも必要ではないかもしれないが、レガシーの大会ではこんなデッキにも当たる可能性があると言う事を触るためにリストを1つ取り上げよう。

(PINKFROSTING MO競技リーグ5-0)

土地19
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《裏切り者の都/City of Traitors》
2:《Plateau》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《山/Mountain》
クリーチャー15
3:《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
4:《帝国の徴募兵/Imperial Recruiter》
1:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
4:《絵描きの召使い/Painter's Servant》
1:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
呪文26
3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《赤霊破/Red Elemental Blast》
1:《大焼炉/Great Furnace》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
4:《丸砥石/Grindstone》
2:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3:《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4:《血染めの月/Blood Moon》
サイドボード15
1:《赤霊破/Red Elemental Blast》
1:《デュルガーの垣魔道士/Duergar Hedge-Mage》
3:《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2:《コジレックの帰還/Kozilek's Return》
1:《紅蓮操作/Pyrokinesis》
1:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《法の領域/Sphere of Law》
2:《突然のショック/Sudden Shock》
1:《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1:《三なる宝球/Trinisphere》

Landsの《演劇の舞台》+《暗黒の深部》コンボのように、《絵描きの召使い》デッキは《絵描きの召使い》+《丸砥石》の即死コンボをフィーチャーする。それでも、一番よくある勝ち方は単純にコンボに向けて競争するのではなく、相手がゲーム出来ないように(部分的、または完全に)ロックして、それから《ゴブリンの溶接工》、《悟りの教示者》、《帝国の徴募兵》でコンボを揃えることだ。

1ターン目の《血染めの月》か《月の大魔道士》はイージーウィンをさらえる。同じように、多くのデッキはメインの《罠の橋》に回答できず、戦場に残り続けたらロックされる。独創的なのは、《絵描きの召使い》が青を指定すると、このデッキは6枚のElemental Blast(訳注:紅蓮破/赤霊破)にアクセスできるようになり、相手がロックから脱出するためのあらゆる動きに対処してしまう。こうして、このプリズンデッキは《罠の橋》、《血染めの月》、《安らかなる眠り》、《三なる宝球》で相手があらゆる種類のカードを無力化するか唱える事すらできないようにしてしまう。相手のデッキの大部分が無視できるようになったら、君の手元に残った回答のカードは相手に残された僅かな道具を対象にしたら良い。

プリズンデッキを使うコツ

デッキビルダーとして、プリズンデッキのアイデアは楽しくて魅力的だ。メタゲームのパターンを把握し、それを利用するカードを選択できれば、君の英知は報われる。

僕の唯一の心配は、適切に組まれたプリズンデッキは成功できるが、駄目なプリズンデッキはまるで機能しない事だ。最初の方の例を思い出してほしい:1ターン目の《虚空の杯》や《三なる宝球》は相手を遅らせるか完全にロックしてしまう。しかし1ターンでも遅れたら、相手が1ターン目に出した《秘密を掘り下げる者》から守ってくれない。

同じように、君が向き合う相手を見誤ったら、相手のやる事に対して効果の無いプリズンカードを握ってしまう。例えばストームデッキに対する《罠の橋》、エルフに対する《スレイベンの守護者、サリア》だ。

プリズンデッキでは4つの構成要素に集中しよう。

1.スピード。最大限の効率化とイージーウィンのために、スペルを素早く唱えよう。
2.正しいマッチアップで正しいカードを見つける能力。Landsの《輪作》、《絵描きの召使い》の《悟りの教示者》はこれらのデッキで相手によって正しいプリズンカードを確保する助けになる。
3.柔軟な回答のカード。何かが隙間を抜けて滑り込むことは避けられないから、何でも回答できるカードで穴を埋めよう。
4.準備が出来たら素早く決断してゲームに勝て。相手はいずれロックから抜け出す方法を見つける。コンボ(《演劇の舞台》+《暗黒の深部》)や打点の高いクリーチャー《現実を砕くもの》で勝つ方が、20ターンのゲームであらゆる可能性に備えるよりも多くの場合簡単だ。

プリズンデッキと戦うコツ

プリズンデッキはマナ基盤を攻めることが多い。この方法で相手は君がロックを脱出するために使えるカードや組み合わせを制限することが出来る。基本地形を含む健全な枚数の土地を入れ、危険な手札をマリガンして、君のマナを守るんだ。

君のゲームプランが単調なほど相手のプリズンカードに弱くなる。もし様々な脅威と回答を入れ込んだバランスの良いゲームプランを持っていたら、シャットダウンは難しくなる。

ノンクリーチャーを含む幅広い脅威に回答できるように、対応カードを選ぼう。《剣を鋤に》や《致命的な一押し》はレガシーで最強の除去かもしれないが、《突然の衰微》、《議会の評決》、《意志の力》があった方が、プリズンがやろうとする事から身を守れるから安心だ。

良くも悪くも、多くのレガシーのゲームは片方が実質ゲームを出来なくなる。時には《血染めの月》で呪文が唱えられなくなり、別の時には《罠の橋》を前にクリーチャーが使えなくなる。君がそうならないように備えよう!

(翻訳ここまで)

なおこの翻訳が完成した時点で、既に次のデルバー編がアップされていました。モダンでも数年前と比べてSun and Moonやランタンコントロール、8-Rackのような徹底したプリズンデッキが増えていますから、しっかり備えておきたいですね。

関連

 - レガシー