Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

【翻訳】ウェスコーのデスタク完全ガイド(TCGPより)

   

プロプレイヤーの中には特定の色やアーキタイプで有名な方がいます。日本だと青黒コントロールの八十岡翔太選手が筆頭でしょうか。そして、プロプレイヤー界で最も白ウィニーを愛しているプレイヤーと言えば、Craig Wescoeです。彼が相手だとキープ基準すら変わってしまうとネタにされることもあります。そんな彼が使い続けている白単デッキ、Death & Taxesのガイドラインをアップしました。特にレガシーのマッチアップごとのサイドプランは貴重です。

(翻訳は省略・意訳も含みます。原文はこちら。)

The Ultimate Guide to Death and Taxes by Craig Wescoe

スポンサーリンク




(翻訳)

(原文公開時から)2週間前、私はグランプリ・ルイビルでDeath & Taxesのレガシー版を使いトップ8を決めた。そして先週は、Magic OnlneのチャンピオンシップシリーズプレイオフでモダンのDeath & Taxesを使い、準決勝までたどり着いた。今日は、それぞれのフォーマットでのデッキの使い方と、最新のセットから何を手に入れたかを解説しよう。

レガシーのDeath & Taxes

最初にThomas Enevoldsenが私に意識を向けさせてから、もう何年も間、レガシーに持ち込むデッキになった。Thomasが私にアップデートしたリストとサイドボードノートをくれて、ちょうど数年前のグランプリ・ワシントンDCのようにそれを持って行った。そしてグランプリ・ワシントンDCの時と同じように、またトップ8になれたんだ!これが私のプレイしたリストだ。

Death & Taxes(レガシー)

(Craig Wescoe グランプリ・ルイビル2017 トップ8)

クリーチャー26
4:《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
1:《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
4:《ルーンの母/Mother of Runes》
1:《宮殿の看守/Palace Jailer》
3:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2:《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
1:《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
1:《セラの報復者/Serra Avenger》
1:《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
4:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
呪文11
4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
土地23
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
3:《カラカス/Karakas》
10:《平地/Plains》
4:《リシャーダの港/Rishadan Port》
4:《不毛の大地/Wasteland》
サイドボード15
2:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2:《議会の採決/Council's Judgment》
2:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2:《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《流刑への道/Path to Exile》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1:《安らかなる眠り/Rest in Peace》

最新の3枚の追加はコンスピラシー:『王位争奪』から手に入った。

《宮殿の看守》はクリーチャーを追放しながら「統治者」の座を得ることが出来る。《ちらつき鬼火》でこいつを対象にすることで、さらに別のクリーチャーを追放することが出来る。自身が戦場から離れたらクリーチャーが戻ってしまう《放逐する僧侶》のようなカードと違い、別の誰かが統治者になるまでクリーチャーは追放したままだからだ。「統治者」になることで、エンドステップごとにカードを引けるから、遅いマッチアップでは有利になるが、統治者の座から引きずり降ろされると、しっぺ返しを食らう。グランプリ・ルイビルでまさにBrian Braun-Duinが僕に準々決勝でやったことだ。

《聖域の僧院長》は好きな数に対する《虚空の杯》になって一部の戦術をロックさせてくれる。特定のマナコストに偏った様々な戦術に対してもソフトロックを提供する。例えば《秘密を掘り下げる者》デッキは点数で見たマナコストが1の大量のカードに依存している。これは最後の追加である《護衛募集員》でサーチするシルバーバレットにも最適だ。

《護衛募集員》はカードアドバンテージを生み出しつつ、問題に対する回答を安定して供給する素晴らしい手段だ、特にメインデッキで。コンボデッキには《聖域の僧院長》を探し、スゥルタイデッキには《ミラディンの十字軍》を探すのが我々のやり方になりうる。《師範の占い独楽》には《ファイレクシアの破棄者》を探せる。《ルーンの母》でこういったクリーチャーを除去から守れば、これらのクリーチャーがゲームに与えるインパクトは抗い難い。シルバーバレットに対する教示者として使うだけでなく、《護衛募集員》は消耗戦で価値を得る手段でもある。タフネス2以下のカードを探すから、《ちらつき鬼火》を探してさらにブリンクさせて追加の《ちらつき鬼火》を全部探し切る事だって出来る。まるで《戦隊の鷹》になった《ちらつき鬼火》だ。

一般的には、このデッキはマナ破壊デッキで、《霊気の薬瓶》を唱えて最初のターンに巨大なテンポアドバンテージを手に入れて
、後続のターンは《リシャーダの港》や《不毛の大地》のようなカードで相手のマナ構築を制限しつつ《霊気の薬瓶》で《スレイベンの守護者、サリア》のような相手のマナをさらに制限するクリーチャーをプレイすることを狙う。クリーチャーはどれもコスト効率の高いボディを持っているから、相手のマナ形成を妨害しながら素早いクロックを仕掛け、だいたいは相手が何か始める前にゲームを終わらせることが出来る。

スポンサーリンク

マッチアップガイド

レガシーにはデッキが山のようにあるが、ここにあるのは君が直面するであろうトップ20のマッチアップと、それに対するサイドボーディングだ。さらに、何も見えない時にどうするべきか問題になるから、《ファイレクシアの破棄者》で具体的に何を指名するかを追加した。これらの記述の大半はThomas Enevoldsen、私の予想では世界で最もこのアーキタイプを熟知しているプレイヤーの厚意によるものだ。私たち2人がいれば、このデッキのアドバイスは十分得られると思うよ!

奇跡

Out
4剣を鋤に
1ミラディンの十字軍
1梅澤の十手
1平地(後攻)
In
2ギデオン
1真髄の針
2議会の評決
1大祖始の遺産
1エーテル宣誓会の法学者(後攻)

《ファイレクシアの破棄者》の指定:独楽、ジェイス、《仕組まれた爆薬》

エルドラージ

OUT
1聖域の僧院長
2サリア
2ルーンの母
IN
2流刑への道
2議会の評決
1ギデオン

《ファイレクシアの破棄者》の指定:終末を招くもの、十手

グリクシスデルバー

OUT
2護衛募集員
3ファイレクシアの破棄者
(後手なら火と氷の剣を抜く)
IN
1安らかなる眠り
1大祖始の遺産
1議会の評決
2流刑への道
(後手なら2枚目の議会の評決を入れる)

《ファイレクシアの破棄者》の指定:死儀礼のシャーマン、渋面の溶岩使い、黄金牙、タシグル

ティムールデルバー

OUT
2護衛募集員
3ファイレクシアの破棄者
1火と氷の剣
IN
1安らかなる眠り
1大祖始の遺産
2議会の評決
2流刑への道

《ファイレクシアの破棄者》の指定:渋面の溶岩使い

スゥルタイデルバー

OUT
2護衛募集員
3ファイレクシアの破棄者
1火と氷の剣
IN
1安らかなる眠り
1大祖始の遺産
2議会の評決
2流刑への道

《ファイレクシアの破棄者》の指定:死儀礼のシャーマン、黄金牙、タシグル

Stoneblade

OUT
2剣を鋤に
1ちらつき鬼火
1ミラディンの十字軍
(後手なら十字軍の代わりにサリアを1枚抜く)
IN
1針
1大祖始の遺産
2議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:石鍛冶、十手、ジェイスから相手が持ってるカードによって変える。(相手が殴打頭蓋を探したら石鍛冶を指定するが、それ以外は十手)真の名の宿敵が十手を装備したら殺されるから、それを最優先で防ぐこと。ジェイスは一番対処しやすいが、警戒する事。

Death & Taxes

OUT
4サリア
1聖域の僧院長
IN
2流刑への道
2議会の評決
1真髄の針

《ファイレクシアの破棄者》の指定:状況次第になる。石鍛冶が無いなら十手、それ以外なら自分が引きたいカードと相手に引かせたくないカードを考えて決める。

Sneak and Show

OUT
4剣を鋤に
1ミラディンの十字軍
1梅澤の十手
1石鍛冶の神秘家
IN
1真髄の針
2流刑への道
2封じ込める僧侶
2議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:戦場に合わせて《騙し討ち》か《グリセルブランド》から選ぶ。基本的に《ルーンの母》+破棄者+カラカスでゲームオーバーに出来るが、それを準備する時間が必要なことがあり、グリセルブランドから行く。サイド後は相手にジェイス、溶岩使い、爆薬が入っていることもある。

リアニメイト

OUT
3破棄者
2石鍛冶
1十手
1火と氷の剣
1セラの報復者
2サリア
1ミラディンの十字軍
(先手ならサリアを4枚残してちらつき鬼火を2枚減らす)
IN
2封じ込める僧侶
2流刑への道
1安らかなる眠り
1大祖始の遺産
2フェアリーの忌み者
2議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:グリセルブランドか水連の花びら

エルフ

OUT
1火と氷の剣
4サリア
4ちらつき鬼火
(先手ならサリアは3枚抜く)
IN
1真髄の針
2議会の評決
2封じ込める僧侶
2流刑への道
2エーテル宣誓会の法学者
(先手なら針を入れない)

《ファイレクシアの破棄者》の指定:遺産のドルイド、ワイアウッドの共生虫、死儀礼のシャーマン。一番重要なのはマナ加速を止める事だ。その後に共生虫を止めて十手に繋ぐのが主なプランだ。

Shardless Sultai

OUT
2剣を鋤に
3ちらつき鬼火
1ファイレクシアの破棄者
IN
2ギデオン
1安らかなる眠り
1大祖始の遺産
2議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:死儀礼のシャーマン、リリアナ、ジェイス

ストーム

OUT
4剣を鋤に
1ミラディンの十字軍
1宮殿の看守
1ちらつき鬼火
IN
2エーテル宣誓会の法学者
1大祖始の遺産
1安らかなる眠り
2フェアリーの忌み者
1議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:ライオンの瞳のダイアモンド、水連の花びら、独楽

感染

OUT
1火と氷の剣
1ミラディンの十字軍
1迷宮の霊魂
3ファイレクシアの破棄者
1殴打頭蓋
IN
2エーテル宣誓会の法学者
1真髄の針(墨蛾の生息地を指定)
2流刑への道
2議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:貴族の教主

アルーレン

OUT
3剣を鋤に
1宮殿の看守
1ちらつき鬼火
IN
2エーテル宣誓会の法学者
1真髄の針
1大祖始の遺産
1ギデオン

《ファイレクシアの破棄者》の指定:洞窟のハーピー、死儀礼のシャーマン、サイド後の火薬樽か漸増爆弾

Lands

OUT
1宮殿の看守
3ファイレクシアの破棄者
1迷宮の霊魂
1ミラディンの十字軍
IN
1安らかなる眠り
1大祖始の遺産
2フェアリーの忌み者
1議会の評決
1真髄の針(演劇の舞台か溶鉄の渦を指定)

《ファイレクシアの破棄者》の指定:モックス・ダイアモンド、溶鉄の渦

ジャンド

OUT
1ファイレクシアの破棄者
2ちらつき鬼火
1迷宮の霊魂
IN
2ギデオン
1大祖始の遺産
1安らかなる眠り

《ファイレクシアの破棄者》の指定:ヴェールのリリアナ、死儀礼のシャーマン

バーン

OUT
1迷宮の霊魂
1宮殿の看守
1火と氷の剣
IN
2流刑への道
1議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:渋面の溶岩使い

ドレッジ

OUT
1火と氷の剣
1宮殿の看守
3ファイレクシアの破棄者
1迷宮の霊魂
IN
1安らかなる眠り
1大祖始の遺産
2フェアリーの忌み者
2封じ込める僧侶

《ファイレクシアの破棄者》の指定:ライオンの瞳のダイアモンド

《絵描きの召使い》コンボ

OUT
1迷宮の霊魂
1火と氷の剣
1聖域の僧院長
1ミラディンの十字軍
1セラの報復者
IN
1真髄の針
2流刑への道
2議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:丸砥石、ゴブリンの溶接工、仕組まれた爆薬、特務魔道士、ヤヤ・バラード、師範の占い独楽

マーフォーク

OUT
1聖域の僧院長
1護衛募集員
2サリア
(先手ならサリアを3枚抜いて護衛募集員を残す)
IN
2流刑への道
2議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:霊気の薬瓶、十手、万力鎖

ベルチャー

OUT
1ミラディンの十字軍
4剣を鋤に
IN
1針
2法学者
2議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:ライオンの瞳のダイアモンド、ゴブリンの放火砲、ほくちの壁、水連の花びら

Nic Fit

OUT
2剣を鋤に
2ファイレクシアの破棄者
1聖域の僧院長
1火と氷の剣
1サリア
IN
2ギデオン
1安らかなる眠り
1大祖始の遺産
2封じ込める僧侶
2議会の評決

《ファイレクシアの破棄者》の指定:死儀礼のシャーマン、破滅的な行為、師範の占い独楽、生命の力、ニッサ、出産の殻

変更したいと思っているところは、《大祖始の遺産》を《安らかなる眠り》2枚目にすることだ。墓地に頼る多彩なマッチアップで強力かつ重要だが、特にLandsとのマッチアップだ。Landsはグランプリのほとんどで苦戦した相手で、2枚目の《安らかなる眠り》を足して助けを求める事は歓迎される。

どのように組んでも、このデッキは私にとってダントツでお気に入りのデッキで、すぐに辞めることは無いだろう。これがあるから、今後のレガシーのグランプリが楽しみなんだ。

モダンでのDeath & Taxes

このデッキのモダン版は、《霊気の薬瓶》を利用してテンポアドバンテージを獲得するマナ破壊デッキという点で似ている。《不毛の大地》と《リシャーダの港》が無いから代わりに《幽霊街》と《地盤の際》を使う。《幽霊街》を《不毛の大地》並み(またはそれ以上)にするために、《レオニンの裁き人》で《露天鉱床》に変えてしまうんだ!この猫は《幽霊街》とのシナジーが無くても、フェッチランドのようなシャッフルが多発するフォーマットでは強力だ。さらに《流刑への道》も《剣を鋤に》に変えてくれる。

基本的に《レオニンの裁き人》の存在が、このモダン版のデッキを多くのモダンデッキと戦える強力なレガシーデッキにしてくれる。《ルーンの母》や《石鍛冶の神秘家》は無いが、《ちらつき鬼火》でクレイジーなことが出来る。《護衛募集員》で《ちらつき鬼火》を《戦隊の鷹》に帰ることは出来ないが、《修復の天使》でもっとクレイジーになれる。

モダン版白単アグロ

(Nacatls4Life 2017年1月 MOCSトップ4)

クリーチャー27
4:《刃の接合者/Blade Splicer》
4:《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
1:《コーの空漁師/Kor Skyfisher》
4:《レオニンの裁き人/Leonin Arbiter》
4:《修復の天使/Restoration Angel》
2:《セラの報復者/Serra Avenger》
4:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
呪文10
4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
2:《清浄の名誉/Honor of the Pure》
4:《流刑への道/Path to Exile》
土地23
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1:《永岩城/Eiganjo Castle》
4:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《地平線の梢/Horizon Canopy》
9:《平地/Plains》
4:《地盤の際/Tectonic Edge》
サイドボード15
3:《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2:《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》
2:《忘却の輪/Oblivion Ring》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《太陽の槍/Sunlance》

最大のイノベーションは《スレイベンの検査官》だ。緑白バージョンは薬瓶で2ターン目に出す1マナ域に《貴族の教主》を入れていたが、白単で一番強い1マナ域は《審判官の使い魔》だった。テストと大会で、《スレイベンの検査官》は想定以上のパフォーマンスを見せた。2マナ域が手札に無ければ、《霊気の薬瓶》で《スレイベンの検査官》を出してすぐに2マナで手掛かりを生け贄に捧げられる。《ちらつき鬼火》や《修復の天使》でフライヤーを出しながら《スレイベンの検査官》をブリンクして手掛かりを増やせる。カードを引き続けてガス欠にならなければいずれ勝てるし、マナフラッドを起こしても手掛かりが《地平線の梢》として機能する。理想的には《刃の接合者》をブリンクしてゴーレムトークン(環境で《刻まれた勇者》を一番確実にブロックできる)を出したいが、手掛かりを得られることは過小評価されている。このデッキにとって非常に良いんだ。ソウルシスターズ以外であれば、私はモダン最強の白い1マナ域だと自信を持って言えるよ。

アーティファクトが増えて《石のような静寂》が弱くなるが、《清浄の名誉》を《密輸人の回転翼機》に変えることを考えている。また、グリクシスコントロールが《集合した中隊》デッキより多いと思うなら、《墓掘りの檻》を追加の《安らかなる眠り》に変更を考える。これらはMOCSプレイオフの決勝で戦ったデッキだから、枠を増やすために何かを削るかもしれない。いずれにせよ、このデッキは強力で、《スレイベンの検査官》でただただ強化された。殿堂プレイヤーOlle Radeは翌週にまったく同じリストで5-0を決めたから、他のプレイヤーもモダンの白ウィニーで、この最新でホットなカード、《スレイベンの検査官》を使い私の成功を真似しようと動き始めている。既にレガシーで力を持っているDeath & Taxesがモダンで目を付けられる日も、そう遠くないだろう。

Craig Wescoe

(翻訳ここまで)

Death & Taxesはフェッチランドやデュアルランドが必要なく、フェアデッキでは比較的安いレシピとしても知られています。単色で安く組みたいというプレイヤーにもオススメです。


【シングルカード】EMA)[JPN]カラカス/土地/M/240/249

関連

 - モダン, レガシー