Gathered!

ようやくMTGに復帰できた雑魚プレイヤーの翻訳中心ブログです。

今週の注目マジック記事を集めてみた(1/15)

      2017/01/17

管理人の仕事が忙しく、プレイの方も積極的にやっていきたいので、あれもこれも翻訳という事が出来なくなってきました。しかし読みたい記事、紹介したい記事は増えていきます。

そこで、自分のメモを兼ねた企画として、今週の注目の記事をざっと紹介します。

スポンサーリンク




(日本語記事)

エムラ、コプター、反射魔導士、墓トロール、ギタ調が禁止

2017年1月9日 禁止制限告知 (ウィザーズ日本公式)

今週最大のビッグニュースはまさにこれ。今後のマジックはどうなるのか。どう変わるのか。本当にスタンダードのために良いものなのか?その1つの答えが、次のピックアップ。

禁止カードはスタンダードをどう変えるのか?

スタンダードに禁止改定は必要なのか (晴れる屋)

スタンダードがどんな環境になっても、ジェイスのようなカードは無いし、さすがに禁止は無いだろう。そんな大方の予想を大きく超えた、一挙3枚の禁止。プレイヤーの中には、手元の《密輸人の回転翼機》が震えている方もいるでしょう。今後の禁止をどうとらえるべきなのかを高橋純也さんが語ります。

↑オマケ。

努力と成果は比例しない。マジックにおける努力とは?

諦めるなんてことは死んだときにでもすればいい (庭師colorsさん)

大きなショップの記事ではないですが、非常に感銘を受けたので紹介します。MTGのあるキーワードに例えて、努力することはどういうことなのか、多くの人がなかなか気付かない事を語っています。今はまだ結果が出ないかもしれない。しかし、努力は必ず返ってきます。

(海外記事)

Mark Nesticoさん、SCGのライターを引退

Mark Nestico's Last Article (StarCityGames)

StarCityGames最強の煽りライター(と管理人が脳内で勝手に呼ぶ)Mark Nesticoが送る最後の記事。マジックにおける人生、ショップの記事とプレイヤーの関係、そしてお子さんが生まれることを語っています。

彼が書いたMTGのスキルに関する記事は、当ブログでも一番のベストセラー翻訳となっています。

Mark NesticoさんのSCG記事は、時に物議をかもしたり、時にストーリーの二次創作を書いたりと、今まで翻訳出来なかった記事でも他とは一線を画すぶっ飛んだ内容で、同時に読む人の心を揺さぶって来る記事が満載でした。連載が終わるのが残念です。

スタンダードの禁止とその理由

Standard (ウィザーズ英語公式 Latest Developments)

来週には日本語訳がアップされると思いますが、前回のスタンダードに対する低評価を受けたプロセスの流れ、今回の禁止に至った理由が説明されています。

8-Rackは進化する。

Instant Deck Tech: White Rack (Modern) (Mtg Goldfish)

呪文36
4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2:《カラスの罪/Raven's Crime》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《小悪疫/Smallpox》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
4:《拷問台/The Rack》
4:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
4:《金切り声の苦悶/Shrieking Affliction》
土地24
2:《悪臭の荒野/Fetid Heath》
4:《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
2:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《神無き祭殿/Godless Shrine》
8:《沼/Swamp》
4:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
サイドボード15
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《解呪/Disenchant》
3:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《呪文滑り/Spellskite》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《女王への懇願/Beseech the Queen》
3:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》

Mtg Goldfishから、簡単にデッキアイデアを紹介する動画。反響次第で実況動画が上がる可能性があります。白をタッチする事で、強力なブロッカー兼追加の勝ち手段である《未練ある魂》と、《期を見た援軍》《安らかなる眠り》など豊富なサイドボードを獲得した白黒型のメガハンデス。メインから《罠の橋》を4積みする構築が色々なデッキをシャットアウトしそうですね。また《トロウケアの敷石》は《小悪疫》から生まれるこちらのテンポロスを食い止めてくれます。

霊気紛争でアガるカード、下がるカード

Financial Predictions for Aether Revolt (TCG Player)

Craig Wescoe選手が霊気紛争のカードを評価。全てのレアと神話レアで、今の値段と、今買うべきか、それとも売るべきかをリストアップしています。プレリリースで手に入れたカード、もしかしたら今が売り時かも?

関連

オススメ記事

1
スタン撤退のためトレトクのカード買取を使ってみた

最近気が付いたらほとんどモダン専門になっていました。 生活をしながらデッキを妄想 ...

2
【翻訳】ベストデッキも使わないで何言い訳してるの?

マジックを続けているといつかは避けて通れない瞬間が来ます。好きなデッキを組むか、 ...

3
MTGで勝てないと思った時に見直す4つの質問

最近勝てない。少なくとも管理人はそうです。5~7回戦規模のデカい大会では1回勝つ ...

4
【翻訳】マジックオンライン(MO)初心者がよくやる10の間違い

MO初心者、引いてはこれから紙のマジックを楽しむ人にも読んでもらいたい記事です。 ...

5
【翻訳】乗っては「いけない」、このビッグウエーブに。賢いカードの買い方とは?

GP東京での優勝、さらにモダンでエムラクールとのコンボが発見されたことで《先駆け ...

 - カジュアル